MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ターボタイマーを整備士的にオススメできない理由

time 2015/07/06

ターボタイマーを整備士的にオススメできない理由

本日はターボタイマーの話題でいきたいと思います。
ターボタイマー、皆さんつけていますか?

c-log671-01
ターボタイマー

ターボタイマーとは何か?

ターボエンジンは、走行後
熱々になっているターボチャージャーを冷却するという目的のため
アフターアイドルをしたほうがよい。

といった理由から、ターボタイマーを取り付けておくと
イグニッションキーを抜いてもエンジンがしばらくかかっていて
アフターアイドルを自動的に行い、エンジンを止めてくれるためのシステムです。

ターボの軸受け部というのは、一分間に何万回って勢いで
ガンガンと回っています。そこにオイルで冷却しているんですが
走行後というのは本当に熱くなっている。
だから走行後はすぐにエンジンを切らないで、

オイルを少し潤滑させてからエンジンを止めよう。
これが自分でやると、車につきっきりで暫くおりれないから
ターボタイマーが開発されたと。

これも便利道具の一つ。

ターボタイマーは自分でタイマーを設定することも可能だし、
オートモードにして、コンピューターで判断して
アフターアイドルの時間を決めるさせることも可能です。

MHOの車にも2台とも取り付いています。

ではターボタイマーは本当に必要なのか?

昔ある車の本で、あるチューナーのお話が載っていましたが
その人は、ターボタイマーの意味はわかるけど、町乗りレベルで
そこまでターボチャージャーは過熱しないから必要ない。
あくまでレースシーンでならターボタイマーが役に立つ。

と書いてありました。

MHOの意見はというと、ターボタイマーはあまりつけないほうが良いと思います。

それはなぜか?

この理由はターボタイマーの機能ではなく、その利便性。
やっぱり車に離れているのに、まだエンジンがかかっているっていうのは
危ないわけですよ。MHOの車にもついているからえらそうなことはいえませんが。
でもさ、何かあったらエンジンがかかっているから車が暴走するって可能性も
ありえるわけでしょう。まぁありえないと思うけど。
少なくともエンジンがかかってない状態よりは危険です。

そういった理由が一つ。

もう一つはMHOは一度経験したことがあるんですが、
万が一事故を起こしたとき。

オイルが噴出してすぐにエンジンをきらないとブローしてしまう。
そんなときはすぐにエンジンを切らないといけない。
でもターボタイマーが働いて、アフターアイドルしてしまう。
これはやばい。

といった理由が二つ目。

二つ目の理由は、ターボタイマーの解除としてサイドブレーキに結線してあるなら
すぐにサイドブレーキを下ろしてエンジンを止めることが可能。
でもサイドブレーキの結線はしなくったってターボタイマーは動きます。
中にはサイドブレーキと連結させないでつけているひとが居たんですよ。

それで、事故をやっていて、たいした事故じゃなかったんだけど
エンジンをかけた。そしたらアクセルワイヤーが引っ張られていて
エンジンがかかった瞬間になんどもオーバーシュートしてしまった。

これはやばい。へたしたらバルブサージングを起こす!とおもってエンジンを切ろうとしたら
ターボタイマー。

しかもサイドブレーキに結線していなく、サイドブレーキを下ろしてもエンジンが止まらなかった。

仕方ないので手を突っ込んでイグニッションスイッチの配線を抜いてやった。
あぶなかったよあれは。

と、MHO的理由はこの2つです。

ターボチャージャーのアフターアイドルは賛成。
でもターボタイマーでそれを行うことには反対です。

MHOは最近はターボタイマーの機能はつかっていません。
あくまで自分でアフターアイドルをしています。

それこそ一分ちょっとの時間くらい、ドライバーズシートに座って
ちょっとゆっくりしていますよ。

やっぱり危ないからね。無人だとさ。

なのでターボタイマーはもしつけるとしたら必ずサイドブレーキに
安全の結線をしてください。

じゃないと事故したときになきを見る可能性があるということ。
これを覚えておきましょう。

sponsored link

コメント

  • 集中車検工場にいる時は、サイドブレーキで強制解除か
    本体スイッチで解除してましたが、たまに忘れて
    リフトの上で車輪が回るドッキリがありました。

    by 元スバルの糞メカニック €2015年7月7日 21:43

    • 速度感応式ドアロックが付いていると、窓を閉めたままリフトに乗せてタイヤを回すと、ドアロックが働いて絶句してしまうことがありますね。

      by MHO €2015年7月9日 22:57

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ