MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

0W-20という低粘度オイルを考えてみた

time 2016/04/23

0W-20という低粘度オイルを考えてみた

今の車の指定オイルって0W-20という低粘度タイプが多い。
もうこれは環境に配慮したというのが殆どの理由でしょう。環境はどのような環境かというと、低燃費であるということ。0W-20というオイルは昔に新車に充填されていた10W-30よりも2ランクくらい柔らかいオイルだ。

うちの工場にも200リットルのサーバーであるけれど、10W-30のエンジンオイルよりもう全然シャバシャバ。水みたいなイメージだ。

ただ、0W-20というので鉱物油は少ないのも現状。自動車メーカーの純正オイルを例にとって見ると、0W-20は部分合成油という設定が多い。鉱物油だと分子の構造が荒くて、やはり0W-20という低粘度オイルを採用するためにはベースオイルがいいものじゃないと駄目なのだろう。
ボクは今まで自分の車に0W-20というオイルを入れたことはない。ちょっと古い車であって、5W-30くらいまでを使いましょうみたいなことが説明書書いてある。

sb-log740-01

僕が乗っている車以降のものになったら、0W-20が使っても問題ないということになっている。
実際に0W-20を使うとそれほど燃費は向上するのだろうか?自分の車で試してデータを取ったわけじゃないのでなんともいえないけれどちょっと試してみたいところもあります。
ただ、0W-20というオイルはやはり油膜がかなり薄いオイル。だから鉱物油だと厳しいんだろうけれど、長年使い続けてくるとエンジンの音が大きくなるとかって本に書いてある。

これはどうなのだろうか?確かに油膜が薄いからエンジンが減るのは早いのかもしれないけれど、日産のGT-Rは0W-40という粘度を使っている。これは専用の化学合成油だから磨耗は少ないかもしれない。
でも0W-20というオイルを使い続けている場合と10W-30というオイルを使い続けている場合ではそんなにエンジンの磨耗はちがってくるのだろうか?

本当ならば、10万キロくらい走った後に騒音計でその音をそれぞれ計測してみたいし、圧縮もどのくらい違ってくるのかを計ってみたい。

最低限この位のデータをとってみてからじゃないと、安易にエンジンの音が大きくなるとかという感想はかけないですからね。でも燃費がよくなるなら0W-20を使ってみたいなぁ。
燃費計測くらいならさほど問題はないと思うしね。

sponsored link

コメント

  • 当方、10年以上前の車で高速を片道300KMを日帰り往復した事が
    何度か有ります。
    0W-20を入れるより、5W-30の方が1KM程度燃費が良かったです。
    古い車なので、リングから圧縮漏れが有ったのかは不明ですが、

    by 山本 €2016年4月24日 16:35

    • そういうケースもあるんですね。言われてみれば圧縮は粘度が高い方が上がりそうですね

      by MHO €2016年4月24日 18:09

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ