1000円のブレーキパッドってどうなのか?

よく工場宛てに通販カタログが届くんですよ。
内容は工具だったり販促用ののぼりだったり部品だったりしますね。
驚くべきはその部品の安さ。大体各種エアクリーナーとオイルフィルターとベルト類、
ブレーキパッドにエアコンフィルター、それと油脂類がラインナップされています。
その部品の値段が安い。エアコンフィルターやエアクリーナーとベルトなんかは部品商から
買うのと対して違いませんが、かなり安いのはブレーキパッド。

sb-log412-01

なんと千円切る価格でフロント分を買うことができたりします。
実際どの位の性能なのかは使ったことがないのでわかりかねますが安い。
ある程度の性能はブレーキだけに保証しないと車検にも合格しないだろうし
、それを考えると性能もさほど悪くないのかもしれない。
車の部品ってやはり高いからこういう部品を使うのも手かもしれませんね。
まあブレーキパッドは大体5万キロで交換するとすれば頻度の高い部品ではない。
しかもブレーキは命に関わるところだけに性能悪いものをチョイスする必要もないといえばそれまでですけどね。
例えばブレーキング時にABSが効いたようにジャダーが起こったらブレーキローターを新品にするか、
修正研磨しないといけない。
そういう場合ブレーキパッドも交換したほうが理想的で、でもパッドの厚みは残っている。
こんな時は安いブレーキパッドを買って試してみてもいいかもしれないね。
僕は今度安売りパッドがどの程度の制動を出すか自分の車で試してみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    メーカーが判る物ならありかもしれませんが、○○○ロウで「ノンアス」と表記しながらアスベストがガッツリ入っていたなんて事がありました。
    それを考えるとケチるものではないとも思います。

    • MHO より:

      ブレーキパッドの交換は、山間地でも3万キロ前後ですからね。
      つまり10万キロに3回しか交換しないので、ケチった部品を入れる必要もないと思うんですよね。