MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

10万キロ超の中古車を買ったら

time 2015/11/01

10万キロ超の中古車を買ったら

今ちょっと興味があるのが、お客さんが代替をしようとしている車。

走行10万キロで、タイミングベルト一式とドライブシャフトブーツやらロアアームのボールジョンとブーツなどが破けているということで、代替を検討しているとのこと。
もし僕が、条件に折り合いがついて購入したらいろいろと整備をしたいと思います。
10万キロ超えの中古車を買ったら、どうするか?
まずは交換するのが、エンジンオイル、オイルエレメント、ミッションオイル、デフオイルクーラント、ブレーキオイル。パワステは電動であればいいけれど、油圧であればパワステオイルも交換します。油脂を全て交換するということですね。

sb-log533-01

そして、10万キロならではでタイミングベルト、テンショナー、アイドラー、クランクとカムのオイルシール、ウォーターポンプ。クランクシャフトプーリーにトーショナルダンパーを兼ね備えているタイプにはクランクプーリーも交換する。
それと、ヘッドカバーパッキン、プラグもイリジウムタイプに交換。
あとはラジエターホースとヒーターホース。そして燃料フィルター。
最後はブレーキ関係。とりあえずはブレーキオイルを交換すれば、あとは劣化してきたら
それぞれ交換。ホースだけは亀裂をきちんとチェックしないといけない。
ここまで交換すれば、車両はほぼ0にリセットされた状態になります。

あとは不具合が起こってきたら順番に交換しておけば20万キロくらいは軽く使えると思います。問題はボディーの錆などですね。あまり錆びていない車両を選んで買って、ノックスドールによる防錆をすれば完璧でしょう。
10万キロ超えの中古車はこれから増えてくると思います。でもきちんと整備をすれば、
もっともっと長く使えるので大丈夫。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ