17年7万キロ使用時のタイミングベルトの状態

クラウンです。
いつかはクラウン・・・
まさにみんなが憧れていた時代のクラウン。
1JZを載せている2,5リットル直6のエンジン。

走行70000km

c-log738-01
トヨタクラウン

現在このブログの記事を製作当時で17年前の車両になります。
この車は未だタイミングベルトが無交換だったので、
MHOが整備担当なので、タイミングベルト交換をお客さんにすすめました。

17年間走行距離7万キロ走った状態のタイミングベルトです。
この1JZは六角のネジ6本でタイミングベルトカバーの上側を外せるので

カバーを外して状態を点検しました

c-log738-02
1JZ

c-log738-03
タイミングベルトの状態は・・・

c-log738-05
ごらんの通り。

コマとベルトの表皮の間にクラックが発生しています。

いつコマとびを起こしてもおかしくない状態・・・

c-log738-05
全周にわたってこんな感じです。

オーナーにはこの状態をお知らせしてあります。

タイミングベルト交換はある程度の費用がかかりますので
やるかやらないかは後はオーナー次第ですね。

10万キロまだ走っていないからいいだろう・・

という考えはよくないと思います。タイミングベルトもゴム製品。
経年劣化してきます。ゴムは徐々に硬くなってくるんですよ。

MHOがお勧めするタイミングベルトの交換時期は

10年・10万キロ

これを一応のラインとして、10万キロ以前の交換をお勧めします。
自分の車であれば10年たったか、それとも走行7万キロくらいで換える様にしています。

切れたらバルブクラッシュしてヘッドが使えなくなるエンジンもありますからね。

17年間走行7万キロ無交換のタイミングベルトの状態でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    確かにコマ飛び寸前ですね。
    急加速一発アウトのレベルでしょうか。
    10万キロはひとつの目安であり、エンジンかけっぱなしが多い車両は時間で交換すべきですね。

    • MHO より:

      10年10万キロよりも手前で交換するのがいいと思います。自分の車なら7万キロ位で交換しちゃいますね