9年間不動だった180SXのエンジンオイルを交換してみた

YouTubeの動画で大好評をいただいた180SX再生計画。この週末にまた出張で若干の整備をしてきました。

タイトルの通り、9年間不動だった車のエンジンオイルを交換してきたのです。動画ではクランキング前にオイルを交換しているだろうなどといったコメントをもらったりもしてましたが、何もしてなかったのです。

そんなわけで、180SXのオイル交換を久しぶりにやってきたのでお伝えします。

日産のSRエンジンなので、フロント右をジャッキアップします。

下回りはご覧の通り。一応納屋のような場所に保管されてるので、ほとんど錆がありません。ボディは極上!

若干ですがパワステからオイル漏れを起こしてるっぽいです。

ラックと高圧ホースとかそのあたりかな。パワステのタンクにはきちんと規定量はいってた。

日産のドレンボルトは14mmです。この車のオイル交換を僕がするのは一体何年ぶりなんだろうか?っていうか一回もやったことがないかもしれない。

オイル関係は兄が自分で管理して行ってましたね。

しかもマグネットドレンボルトを装着している・・。

古いオイルを排出しています。

9年間無交換だったエンジンオイルの色など

そしてこちらが実に9年間180SXのオイルパンに入っていたオイルです。

おそらくごく若干の潤滑能力くらいしかなかったと思う。オイルは一度熱を加えると劣化が始まりますから。

オイル管理はものすごくシビアに行っていただろうけれど、これだけ黒い。これは時間軸で劣化している証拠でもありますね。

いつも3000km前に交換されていた車ですからね。

そういえば足回りがHKSのハイパーダンパーからNISMOに変わっていた。ちょうどこの日本人にがいたので、やはり最終的にはNISMOの純正形状に変更していたらしい。

そういえばタイヤの空気が少ない割にはジャッキが入りやすかった。

スラッジがたまっていますね。

どれだけ走っていないとしても、エンジンを本格的に回す前には交換しないとダメですね。ドライスタートなんてもんじゃないくらいのドライスタートだ。

しかし、今回180SXに入れるオイルはこちら。

昔もらったオイルでずっと車庫で保管していたものです。ちゃんと密封していたので、性能は劣化していないだろうと思う。

とりあえず今回はフラッシングも兼ねてのオイル交換です。

オイルを注ぎます。SRは意外とオイル量が少ないんですよね。

オイル交換だけならちゃんと抜かないと3リットルくらいしか入らない。

実際3リットルも入らないで満タン近くまで入りました。この車はオイルクーラーも付いているので、オイル量はもうちょっと多いかな。

オイルクーラーが付いてる車は全量交換が難しいので、やはりこういう場合はフラッシングを目的に交換でいいと思う。

9年ぶりにオイル交換をした結果は?

この車にはHKSの追加メーターが3つついています。

水温・油温・油圧です。

油圧は最初高かったけど、エンジンをかけ続けていくと落ち着いて油温も70度ちょっとでキープしていました。

アイドリングで3月。エンジンルームを開けっ放しだとこんなものなのかな。まあちゃんとオイルとしては機能してくれているのでよかったです。

これからちょくちょくと顔を出して続きのメンテナンスをやっていこうと思っています。次にやることも決めてあるんですよね〜。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むきんぽ より:

    いんやー感慨深いですなぁ、長く眠っていた車のオイル交換。
    9年ぶりですよ。俺まだ独身でアパート暮らししていたなぁ。

    水分を吸って、多少の白いゲル状っぽいのが混ざってたりするのかぁ?と思っていたら、まあまあマトモですね、抜いたオイル。

    元気に公道復活したりして。