30プリウス エンジンがかからない ブースターの繋げ方とバッテリーの位置

30プリウスにのっているお客さんから、

「ドアロックがうまく作動しない」

という相談を受けて、出張に行ってきた時のこと。

うちの工場で管理している車両ではないので、どのような整備をうけてきたかは不明なので、スマートキーの電池のみを持って行きました。

現場について、確認するとドアロックはきちんと作動しました。でもキーの電池が終わりかけているのかもしれないと、エンジンをかけてみたんです。

そうしたらかからない。なので、持って行ったボタン電池を交換しました。

これで治るだろうなと思ってもう一度エンジンをかけてみました。

すると、インジケーターランプがうっすりと点灯するだけで起動するそぶりがまったくない。

もしかして・・・

これがプリウスのバッテリーあがりというやつか!?

お恥ずかしながら、初めてプリウスのバッテリー上がりに遭遇しました。話を聞いてみたら、キーの電池を交換したこともないし、バッテリーも交換した事がないという。

一応念のためにバッテリー上がりで間違い無いのかを確認するためにブースターを繋げてみました。

30プリウスのブースターケーブルをつなぐ場所

30プリウスの補機駆動バッテリーはトランクの右隅にある。なのでエンジンルームでブースターを繋げられるように、ブースターポイントがあります。

プラス側はインバーターの冷却水タンクの横にあるヒューズボックスの蓋を開けます。

ヒューズボックスを開けると、赤いカバーのついたものがあります。

このプラスカバーを開くと、金属部分が出てくるのでブースターケーブルのプラスをここにかませる。

プラスは準備オッケー。

続いてマイナス側。

マイナス側は、レベルゲージの奥にあるシリンダーヘッドの突起部分にガブリンチョ。

これで準備OK。

きちんと電源が入りました。起動しちゃえば、ハイブリッドモーターから充電が開始されます。

ただ、劣化しているバッテリーだとダメなので交換しないとだめ。

30プリウスの補機バッテリーの位置

トランクをあけて、床面右側のパネルを外すと出てきます。

30プリウスはサイズが2通りありますので、注意してください。

30プリウスのバッテリーは上記の2種類です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)