MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

アルミホイールは必ず増し締めをするように。タイヤのネジが外れる可能性有り

time 2015/08/04

アルミホイールは必ず増し締めをするように。タイヤのネジが外れる可能性有り

今はアルミホイールって
本当に多く履かれているホイールだと思います。

純正が鉄ホイールに対し、デザインなどから
ホイールをアルミにする方は多いでしょう。

MHOもその一人。

しかーし、アルミホイールをなめてはいけないのです。
なめては危険です。

ぺろぺろ舐めても当然危険です!!

冗談はさておき、アルミという材質は鉄に比べて柔らかいというのは
イメージ的に分かると思います。

これが曲者。

アルミホイールはきちんとしたホイールナットを
規定のトルクで締め付ける。

100kmほど走ったら必ず増し締めをする

この2点は守らないと、ネジが緩んだりしやすいのですよ。

MHOも車検で預かった車で、ちょっとへんなアルミホイールで、しかも
微妙に合わないホイールナットを使用しているケースによく遭遇します。

当然整備士の立場からまずは、きちんとしたナットに変えさせてくれ!

とお伝えするんですが、

「いつもそれを使っている!こっちで責任取るからそのまま通してくれ!」

と、おっしゃられるケースが殆ど。

ホイールの座面やネジの接触面を綺麗に清掃して、規定トルクで締め付けて
車をお返しする。

でもちょっと気になるので、1ヶ月位してお客さんの家の近くを通ったから
トルクレンチでまし締めさせてもらったら

やっぱり少し緩んでいた

なんて恐ろしいケースがよくあるのです。

c-log724-01

タイヤ屋さんなどでホイールを新品で買うときは大丈夫ですよ。

確実にホイールナットもセットで販売になるはず。何故ならそのやばさが良くわかっているから。

でも、家にかえって純正ホイールとホイールナットを下ろしたりしますよね?
そうすると、純正ナットがなくなって、スタットレスタイヤにまたアルミで使っていたナットを使いまわしたりして、とうとう夏にアルミに履き替えるときに純正のホイールナットがついていた!

なぁんてケースが上の画像。

MHOはお客さんによくお願いすることは

ホイールナットは2セットあるのなら必ずトランクにでも閉まっておいてください。

ということ。あと、特殊なナットを緩める工具も家に置きっぱなしでタイヤが外せなくて車検1日棒に振ってしまったということもあるのです。

ホイールナットは常備あまりがあったらトランクに入れておく。

これを習慣付けておくと、もし不慮の事故でナットがなくなっちゃったときの
応急処置なんかにも使えて便利です。

とにかくアルミホイールは甘くみないようにしましょう。

タイヤ交換をしたら、しばらくして必ず増し締めをする習慣も身に着けましょうね。

MHOでした。

sponsored link

コメント

  • いつもそれで通してると大変な目にあいます(あいました)よ…

    by 愛知の事務員 €2015年8月4日 17:24

    • 特にアルミのホイールは気をつけないとマズイです。

      by MHO €2015年8月4日 22:10

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ