MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

バッテリーについて

time 2015/01/03

バッテリーについて

本日はバッテリーについてお送りいたします。

about-battery1
バッテリー

大体の車に搭載されているのが上のタイプのバッテリーですね。
他にもメンテナンスフリータイプや
現在ではドライタイプの軽量バッテリーなんかも出るようになってきました。

ユーノスロードスターとかR33スカイラインてのは
リアにバッテリーを搭載している特殊タイプなので
結構割高なんですよね。

バッテリーの主な仕事というものは
静止時からのスターター電源です

エンジンがかかっている時は、エンジンの電装系の電源は
オルタネーターが役割をしています。そのオルタネーターの発生電流以上の電源がひつような
時はバッテリーが補助的に蓄えていた電源を取り出しております。

真夏で

雨が降っていてワイパーをガンガンかけて、
エアコンを最大で入れて、ヘッドライトを点けて、
カーナビを使ってカーオーディオをガンガンならす

などという使い方をするとバッテリーに蓄えられた電源がすべて使われてしまい
バッテリー上がりを起こしたりします。

バッテリーが上がったら充電しないといけないんですが、
充電の方法は

定電流充電法という充電法で行います。

これは充電の開始から最後まで一定の電流で充電する方法です。

スポンサードリンク

バッテリーを充電していくと、バッテリの電圧が上がり、電流が流れにくくなっていきます。
なので電流を徐々に高くしながら充電していくって寸法です。大体定格容量の10分の1くらいね。

急速充電はそのい数倍~十倍程度で充電します。
こちらはバッテリーへのダメージがでかいのであんまりやらないほうが無難です。

バッテリーを充電しているときには水素ガスが出ますので
セルの口は開けるようにしましょう。じゃナイト破裂しますよ。

about-battery2
このようなバッテリーはMFタイプ。密閉型の
メンテナンスフリーバッテリーです。

about-battery3
そして軽量タイプのドライバッテリー
チューニングの世界でもこれがはやってきましたね。

と、まぁこんな感じですが、バッテリー上がりというものは
急にやってきますので、バッテリーはやっぱり定期的にメンテナンスをして
定期的に交換するのがよいと思います

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ