MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

アクティバン HH4 ヒーターが効かない サーモスタット交換

time 2015/02/15

アクティバン HH4 ヒーターが効かない サーモスタット交換

acty-hh4-thermo1

 

ホンダのアクティバン HH4ですが、水温が上がらなくてヒーターが効かないということで入庫しました。疑う余地なくサーモスタットを交換することに。

acty-hh4-thermo2

アクティバンのサーモスタットは、エンジンの真下に付いています。ベルトカバーの近く。ヒーターホースが2本繋がっているのでわかりやすいです。

acty-hh4-thermo3

サーモスタットの交換は10mmのネジを3本外すだけなので、とても簡単ですが問題はそのあとのエア抜き作業です。これが骨が折れます。

acty-hh4-thermo4

サーモスタットのハウジングを外すとクーラントが勢いよく出てくるので注意してください。

acty-hh4-thermo5

取り外したら、綺麗に掃除しておきます。ゴムパッキンなので簡単です。

acty-hh4-thermo6

左が新品で右が古い方です。右側のサーモスタットはやはり開き気味でした。

 

acty-hh4-thermo7

新品のサーモスタットにパッキンをつけて、サーモハウジングにセットします。

acty-hh4-thermo8

パッキンがねじれないように注意してください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

取り付けたらクーラントのエア抜き作業に入ります。

acty-hh4-thermo9

このアクティバンにはリヤヒーターが付いていないので、エア抜きのブリーダーは4つあります。車両の下のヒーターパイプに2箇所。

acty-hh4-thermo10

エンジンのインテークマニホールドに2箇所。

acty-hh4-thermo11

なんとも最悪なのが、冷却水を注入するキャップがグローブボックスの下付近なのです。

acty-hh4-thermo12

やりにくいところにある・・・。

acty-hh4-thermo13

エア抜きの説明書きがエンジンフードの裏に貼ってあります。

コツとしては、エンジンの回転をいたずらに上げないこと。2000回転ぐらいまででうまくエアを抜いていきます。

acty-hh4-thermo14

エンジン側は簡単に抜けるんですが、問題はヒーターパイプの部分なんですよね。

acty-hh4-thermo15

ようやくエアが抜けました。一通り終わったらエンジンを冷やしてクーラントのサブタンクの量を調整しましょう。

サブタンクは書き忘れましたが左のスライドドアを開けてステップ部分です。

アクティバン サーモスタット交換でした

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ