タイヤ交換時にはエアーバルブも交換しよう

タイヤを新品に交換する時、おそらくほとんどが交換されると思います。たまに交換されないままでいることもあるエアーバルブ。

エアーバルブはチューブレスバルブとも呼ばれるタイヤに空気を入れるためのバルブです。部品で1つ150円するかしないかです。

タイヤを交換する時、エアーバルブも一緒に交換したほうがいい理由は2つあります。

1、劣化するとパンクの原因になる

2、タイヤを外さないと交換ができない

まず1つめの劣化するとパンクの原因になる。

部材がゴムなので、ある程度はフレキシブルに曲がります。ただ、劣化するとゴムが硬くなって亀裂が入ってエアー漏れを起こす。

タイヤのパンクの原因で結構多いのがエアーバルブの不良。部品代は安いものだからタイヤ交換と一緒に交換してしまうのがオススメ。

そして2つめも理にかなってます。エアーバルブって基本的にタイヤとホイールを剥がさないと交換できません。片側のビードだけ落として交換することもできますが、いずれにしろDIYで交換するのも難しい。

なのでタイヤを交換するのであれば、一緒に交換。これが基本です。

エアーバルブにもデザイン性のものがあります。

今まで遭遇したことはないですが、エアーバルブのキャップをかっこいいものに交換するとトラブルを引き起こすことがあるみたい。

バルブキャップが外れなかった経験は今までなかったけれど、アルミホイールなどでエアーバルブ自体にカバーをかぶせるものがあるんですけど、それがくっついて取れなくなることはよくあります。

見た目は悪いかもしれないけれど、プラスチックのキャップが一番なのかもしれませんね。

タイヤ交換をする時はエアーバルブも交換しましょう。無用なエア漏れを回避できますからね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    自分も、タイヤ交換の際にエアバルブの交換は必ずした方がいいと思います。
    バルブ自体はそんなに高くない物ですし、交換しようと思えば、タイヤを外す(片側のビードを落とすか)必要があるし、タイヤのバランスも取り直す必要も出てくるからです。
    タイヤ交換の時に一緒に交換しておけば、余計な出費を抑える事にもつながりますし、バルブが原因の、エア抜けの不安を払拭できますからね!
    タイヤの脱着にかかる工賃って、意外と懐を直撃したりしますもんね…。

  2. 5lv080 より:

    久しぶりに書き込みさせて頂きます。
    アルミ製のバルブキャップを付けて固着してしまった実例が以下のhpにありました。
    http://www3.coara.or.jp/~tomoyaz/higaax17.html#170921
    カーショップで良く見かける、エーモンからアルミのキャップ売って無かったっけ、と思ってパッケージを良く見たら真鍮製と書いてありました。
    高いアルミホイールに付属しているバルブは軸もアルミ製なので問題ないのです。

    以前、TT2サンバーに乗っていたのですが、スペアタイヤのバルブが根本から裂けてしまったことがありました。タイヤを収納するときに、バルブが車体フレームに当たっていて、タイヤを固定するとバルブがひん曲がっていたせいでした。スペアタイヤを収納するときは、バルブがフレームに当たらない位置に置くように注意してください。