アルトのRハブベアリング交換作業

日、スズキアルトのRハブベアリングを交換しました。久しぶりのリジッドのホーシングRハブベアリング交換。
タイヤを外して、ドラムを外す。ブレーキシューを少し外してサイドブレーキワイヤーを外す。
ホイールシリンダーとパイプロッドケーブルの接続を外す。
これで、バックプレートとホーシングをとめている12mmのネジ4本を外す。
これで一応はフリーになるので、スライディングハンマーを使ってアクスルシャフトをホーシングから引っこ抜く。

sb-log585-01

ここからベアリングを抜く作業になる。まずはベアリングを抑えているカラーをグラインダーで削って割って外す。ハブのベアリングを抑えるプーラーの先っぽをあてがってプレスでシャフトを押してベアリングを抜く。
あとは逆の作業だ。ベアリングを入れて、新品のカラーを圧入する。
これで車体に取り付けるのである。完了したらブレーキオイルのエア抜きをするのを忘れてはいけない。
ABSがついていないバンだったので作業は楽チンでした。
ひさしぶりのリジッドのホーシングRハブベアリング交換となりました。
実走して異音が消えているかどうかを確認。
最後はやはりテスト走行することが大切なのだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする