MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

大雨が降るとエンジンがかからなくなる車

time 2015/06/11

大雨が降るとエンジンがかからなくなる車

本日はよくある修理のひとつを紹介。大雨が降るとエンジンがかからなくなる。
といった修理依頼が多発する車があるんですよ。
それは三菱のミニキャブという軽トラック。U42Tという形式のものです。
この日もそうでした。雨がすごく降ってきて、そろそろ一件くらい来るかな?と思っていたら。
電話が鳴った。

「道の駅○○で車を止めていたらエンジンがかからなくなったから引き上げて欲しい。」

sb-log354-01

車種を聞くとやはりU42Tだった。現場へ後輩と2人で駆けつけました。
大雨の中、症状を確認するとセルは回っているが、火が飛んでいない。
とりあえずびしょびしょになったプラグをはずしてライターであぶって乾燥。
次に行ったことはディスビのキャップをはずしたことだ。
実はこの車、点火時期を合わせるとき用に荷台に整備用の脱着パネルがあります。
長方形のものなんですが、ミッションのサービスプラグをはずして、フライホイール側で
点火時期をあわせる車種なんですが、この整備用のサービスパネルに問題があるんですよ。
長年使って錆びてくる車両などは、ここから下に水が滴り落ちる。一応ゴムパッキンもあるんですが硬くなっていたらなおさら。
そして水が滴り落ちる下はディストリビューターなのです。つまりディスキャップの中が
大体水が入って火が飛ばなくなってしまっているのがエンジンがかからない原因。

ボクは自作のステーを作って、ディスビのネジで締め付けられるディスビのカバーをつけてあげる。
そうすると中に水が入らなくなる。
この車両もそうでした。すぐにディスビキャップをはずし、乗ってきた車のヒーターで中を乾かして装着。クランキングするとあっけなくかかるエンジン。
大雨が降るとエンジンがかからなくなる車。大体電気系統が多いかなと思います。
参考までに。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ