MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

アリスト パワステポンプ パワステ高圧ホース交換

time 2016/10/27

アリストです。
エンジンが変な音するということで入庫。しかし、エンジンではなくてパワステポンプの異音でした。
オイルを確認したら入っていない。

かなりもれています。
ということでパワステポンプの交換とパワステの高圧ホースの交換をしました

c-log1159-01
アリスト
パワステポンプ交換
パワステ高圧ホース交換

c-log1159-02
エンジン

c-log1159-03
とりあえずファンベルトを外そう

c-log1159-04
ポンプは当然リビルトです

c-log1159-05
はっきりいえばラジエターのアッパーホースをはずした方が作業がやりやすいです

c-log1159-06
ホースやジョイントを外していく

c-log1159-07
困ったのは高圧ホースのユニオンボルトが外れない。相当な固さで締まっている。
しょうがないのでプーリーロックを使って先にプーリーを外していろんな角度でアタック
c-log1159-08
ポンプはエンジンから外れていますが、高圧ホースはまだつながったまま。
このホースが破けてオイル漏れを起こしている。

なんとかインパクトで攻撃をしかけました

c-log1159-09
ようやくポンプが外れた

c-log1159-10
リビルトポンプにプーリーなどを移植。車体へつける。

が、高圧のホースはつながない。

c-log1159-11
ポンプは交換完了。ここから高圧ホースの交換にはいります

c-log1159-12
コレが高い。35000円位した。

c-log1159-13
終点は運転席側のバルクヘッドの下。ここにステアリングシャフトとの連結部分がある。

 

この部分にパワステの高圧ホースがつながっています
エアクリーナーダクトを外してホースをはずしにかかります

c-log1159-14
もはや知恵の輪

c-log1159-15
ホースを交換します。
助手席側のパワステポンプからエンジンの下の方を通って、運転席側まで続いています

c-log1159-16
ポンプにドッキング

c-log1159-17
ギヤボックスに連結

c-log1159-18
パワステオイルを入れて、エア抜き。

そうしたら油で汚れた部分を綺麗に洗浄して漏れがないか確認して終わり

 

アリストのパワステポンプ交換とパワステ高圧ホース交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ