ATなのにマニュアルのクラッチが滑ったような状態?

うちの管理車両ではないんですが、こんな修理依頼が入りました。

「ATなのにマニュアルのクラッチが滑ったような状態」

他の車はうちの工場で1台管理をしているお客さんのなので、新規車両です。

お客さんが来店した瞬間

ズボボボズボボボズボオオオオオー

と、ちょっと聞き慣れぬ音を発しているワゴンR。

マフラーに穴が開いているというか、なんだろう?車両を預かって診断していきました。

ATでクラッチが滑っているとなるとかなり一大事。力がない原因がミッションでないことを祈ります。スズキ車でパワーがでないとなると、よくあるのがイグニッションコイル不良。

駐車場から工場へ車を移動させようとアクセルを踏んでみた。

そうしたら、明らかに吹け上がらないエンジン。これはミッションの不良ではなくてエンジンだな・・。この時点で思ったより修理代がかからないかなと安堵しました。

が、事態は診断を続けることで一変しました。

なんだこれ?

イグニッションコイルを外したら2番シリンダーからものすごいススが出てきた。

こんなのは見たことがない。コイルが煤けているってなると・・・。もしや・・。

ガタガタガタガタ

プラグが手で回る・・。

締め付けられていない・・。

なんでやねん・。

ということで状況を整理。まずは一番直近の整備記録簿を見てみると、A工場で車検を受けています。その時にプラグは交換されていなくて良好に丸をしてはある・・。

しかし、脱着している可能性はある。というか、確認を怠っている時点でアウツ!

とりあえず診断を続けると、イグニッションコイルも1つダメになっています。

聞き慣れない音は、圧縮ガスが外へ漏れている音だったのです。

それにしても他の工場のオチっていうのを発見した時は、一番対応に困ります。

プラグはなんとか取り付けられそうだ。あとは圧縮を調べてみないと・・・。問題が山積みなのにさらにまた問題がやってきたなぁ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)