ATの軽トラックが快適だという件

軽トラックという時点で、あまり皆さんとは接点の薄い車なのかもしれませんけれど、
本日はATの軽トラックというタイトルでお話をしたいと思います。

長野県では多くの人間が農業をやっています。専業農家でなくても、兼業農家の人もたくさんいます。休耕地もたくさんあり、畑を借りることもある。第二の人生の選択に、軽トラックを中古で購入して畑に行き来している人が増えているのもそういった自然豊かな長野県の特色でしょう。

そして軽トラックです。今の軽トラックにはATを積んでいるものがたくさんあります。一昔前であれば、軽トラックにはMTばかりの設定でした。やっぱり畑の中に入っていくといった使い方をする時にはマニュアルのほうが上手く駆動を伝達できるからかもしれません。

しかしココに来てATの軽トラックの設定が増えて、良くなってきた。それはATの性能が向上しているということも手伝っていますが、ATの軽トラックってとても具合がいい。楽チンなのである。

sb-log714-01

加齢現象の一つに耳が聞こえなくなるというのがありますが、このATの軽トラックを乗りこなしていれば、クラッチを滑らせる必要がない。僕がお勧めの軽トラックは2台。スバルのサンバーとホンダのアクティだ。
サンバートラックはもうじきスバルが製造をやめてしまう。それまではサンバーを購入したほうがいいと思う。
それ以降はアクティを考えていただければ快適に軽トラックライフを楽しむことが出来ます。
特にサンバーにはスーパーチャージャーを備えたモデルもあるので、お勧めです。スーパーチャージャーでAT、そしてパワーウインドウにキーレスまで着いている。

ATの軽トラックを購入すれば、通勤にも使っている人が山ほど居ます。それだけ長野県では軽トラックは愛されている車なのであります。
もし軽トラックを購入することがありましたら、MTかATかはよく考えて選択しましょう。ただ、今のATはかなり快適になっているということを付け加えておきますね

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)