ATFは無交換でもいい?無交換を指示されていたメーカーで壊れたケース

ATFは無交換でOK?

これには賛否両論ありますが、MHO的には交換したほうがいいと思います。
自分家の車はきちっと2万キロごとに交換しています。

まず、なぜ無交換か?
車は大体が10万キロ前後でその寿命を終えて乗り換えられるケースが殆どです。
なのでメーカーとしては10万キロをもてば良いということになってきますね。
なので無交換ということが一つ。

img_5325

そしてもう一つは下手な交換をして、ATのバルブケースにゴミやチリが入るのを極力避けたいために無交換としている。

この2つが上げられます。

実際ATFの交換は神経を使います。
それこそゴミやチリを出さないように交換しないといけません。

現在の車は、ATのレベルゲージがついていないものもあります。
これも後者の理由で交換する際に問題を起こされたくないからだと思います。

しかしATFというものは、交換するとシフトショックが本当に少なくなります。
定期的に交換する意義は大いにあいります。

しかし、あまりにも無交換だったATにいきなりATFを交換させるとスカスカになってラインプレッシャーが抜けて発進しなくなるといったケースもよく聞きます。

なのでATFは交換できるタイプのものなら2万キロに1度。
最低でも5万キロに1度くらいに交換しましょう。
それ以上距離が伸びていると、交換するリスクが増えると覚えておいてください。

そして整備の現場では、ATFを交換しないがために変速しなくなったATを何度も見てきています。オイルと名がつくモノは交換するに限るわけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)