MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

アトラス オイルプレッシャースイッチ交換

time 2015/12/02

アトラス オイルプレッシャースイッチ交換

日産アトラスが車検で入庫。
さすがに古くなってきたこの型式

型式 L-BF22
平成1年式
エンジン Z16

かなり前の車になります。

c-log858-01
アトラス

c-log858-02
オイルプレッシャースイッチからオイル漏れが発生していたので交換することに。

c-log858-03
まずはブーツを外して、配線を止めているビスを外す。
これでオイルプレッシャースイッチが単体になったので、27mmのソケットで外す。
記憶が曖昧なのでもしかしたら26mmかもしれない。

c-log858-04
外した状態

あとは新品に付け替えるだけ。ネジ部にシール剤やネジロックを塗っていなかったら
液体パッキンを塗布して組み付けます。それはオイル漏れを防止するため。

c-log858-05
外したプレッシャースイッチ

c-log858-06
新品に交換。ネジで配線をとめる。あとはブーツをかぶせておくだけ。

てなわけで日産アトラスのオイルプレッシャースイッチ交換でした。
オイルプレッシャースイッチは運転席側のエンジンシリンダーブロックに取り付けられています。
エンジンマウントとセルモーターの近くです。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ