MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

アトレー エンジンからガラガラ音 オルタネーターベアリング交換

time 2016/10/24

アトレーです。
エンジンが変な音がする。というので修理することに。
どうもウォーターポンプが怪しいと皆が言うけれど、この車は僕がウォーターポンプを3年前に交換をした記録が残っている。

そのあと車検整備を1回受けていて、ベルトは全て新品に交換されている様子。

c-log1158-01

ためしにベルトを全部外した状態でエンジンをかけてみると音が収まった。
どこかの補機類が壊れているのは間違いない。

ファンベルトを外したら音がおさまりました。

むむむ、もしかして本当にウォーターポンプか?
ベルトをはずした状態で各プーリーを回してみても、あまり体感上は分りにくいほど微妙な感じ。

c-log1158-02
しょうがないのでアイテムを使う

c-log1158-03
サウンドスコープ。こいつを使えばピンポイントで異音が拾えるのです。

 

ということで原因はオルタネーターでした。はい。

c-log1158-04
オルタネーター脱着。まずはマイナス端子を必ず外しましょう

c-log1158-05
続いてB端子を外す。まずはカバーを外す

c-log1158-06

c-log1158-07
助手席側から12mmを外す

c-log1158-08
運転席側から14mmを外す

オルタネーターのカプラーを外す

c-log1158-09
センターコンソールのネジを外す

c-log1158-10
センターコンソールを浮かせた状態でオルタネーターを抜いて来る

c-log1158-11
ベアリングを2つ交換

元に戻して終わり

アトレーの異音修理でした。前もこんなことがありました。
ダイハツのオルタネーターのベアリングは弱いのか?

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ