アトレー S230G ATミッション・フロントデフ載せ換え

今日はちょっと力業です。
駆動系が壊れてしまったアトレーのフロントデフと
ATを載せ換える仕事です

c-log1052-01
アトレーS230G

c-log1052-02
まずはフロントデフからアタックです。タイロッドとストラットの結合を切る。
ロアアームはそのまま。この状態でなんとかデフを抜く

c-log1052-03
フロントデフ

c-log1052-04
プロペラシャフトとドライブシャフトを抜いてデフをフリーに。あとはマウントを外すだけ

c-log1052-05
外れたデフ

c-log1052-06
中古品に載せ換え

c-log1052-07
続いてミッションです。ATFを抜く。
セルモーターも外すので、バッテリーのマイナス端子を外す。あとスロットルにATから出ているワイヤーが取り付いているので、それも外す
トランスファーのギヤオイルも抜いておく

c-log1052-08
プロペラシャフトを外す

c-log1052-09
エンジンマウントをつなげているこの横のバーを外す必要があります。
若干エンジンが下がるけれど、マウントが外れきったわけではないので大丈夫

サービスカバーを外して、トルコンとクランクの接合を外す。3本。14mm

c-log1052-10
ATのクーラーパイプからホースを外す

c-log1052-11
セルモーターとインヒビタのワイヤーを外す

c-log1052-12
ミッションジャッキにあてがって、ミッションを抜く。
アトレーはリングギヤがトルクコンバーターについている

c-log1052-13
結構ややこしい。縦置きの癖に

c-log1052-14
エンジンをつっぱりぼうで支えています

c-log1052-15
中古ミッションを載せて終わり。

c-log1052-16
というわけで、アトレーS230GのフロントデフとATの載せ換えでした。

指数表ではフロントデフの交換2,5時間
ATミッション載せ換えはターボの4WDで4,2時間です

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)