MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

アトレー S230G ATミッション・フロントデフ載せ換え

time 2016/07/01

アトレー S230G ATミッション・フロントデフ載せ換え

今日はちょっと力業です。
駆動系が壊れてしまったアトレーのフロントデフと
ATを載せ換える仕事です

c-log1052-01
アトレーS230G

c-log1052-02
まずはフロントデフからアタックです。タイロッドとストラットの結合を切る。
ロアアームはそのまま。この状態でなんとかデフを抜く

c-log1052-03
フロントデフ

c-log1052-04
プロペラシャフトとドライブシャフトを抜いてデフをフリーに。あとはマウントを外すだけ

c-log1052-05
外れたデフ

c-log1052-06
中古品に載せ換え

c-log1052-07
続いてミッションです。ATFを抜く。
セルモーターも外すので、バッテリーのマイナス端子を外す。あとスロットルにATから出ているワイヤーが取り付いているので、それも外す
トランスファーのギヤオイルも抜いておく

c-log1052-08
プロペラシャフトを外す

c-log1052-09
エンジンマウントをつなげているこの横のバーを外す必要があります。
若干エンジンが下がるけれど、マウントが外れきったわけではないので大丈夫

サービスカバーを外して、トルコンとクランクの接合を外す。3本。14mm

c-log1052-10
ATのクーラーパイプからホースを外す

c-log1052-11
セルモーターとインヒビタのワイヤーを外す

c-log1052-12
ミッションジャッキにあてがって、ミッションを抜く。
アトレーはリングギヤがトルクコンバーターについている

c-log1052-13
結構ややこしい。縦置きの癖に

c-log1052-14
エンジンをつっぱりぼうで支えています

c-log1052-15
中古ミッションを載せて終わり。

c-log1052-16
というわけで、アトレーS230GのフロントデフとATの載せ換えでした。

指数表ではフロントデフの交換2,5時間
ATミッション載せ換えはターボの4WDで4,2時間です

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ