アトレー S230G ATミッション オイルパン交換

駆動系が駄目になって、フロントデフと
ATを載せ換えたアトレーですが、こともあろうことか中古のミッションからオイルが漏れてきた

c-log1057-01
アトレー

c-log1057-02
載せ換えたミッション

c-log1057-03
もれている場所はATのオイルパンでした

c-log1057-04
シーリングからもれてきている。ということで、ATオイルパンのシーリングをすることに

c-log1057-05
せっかく入れたATFをまた抜く羽目に

c-log1057-06
オイルパンを剥がした図

c-log1057-07
抜けきれないATFがまだこんなに

c-log1057-08
AT内部はシビアなので、古いシーリングのゴミを付着させないように綺麗に剥がす

c-log1057-09
オイルパンも気を使って綺麗にする。内部にゴミなどを入らないように注意

c-log1057-10
歪んでいると困るのでちょっと多めに液体ガスケットを塗る

c-log1057-11
取り付ける

オイルパンを取り付けたら、丸一日放置します。
液体ガスケットが半がわきの状態でいると、ATFの中に紛れ込む可能性があるからです。

液体ガスケットを使う作業は、時間にゆとりを持つのが成功するコツです

c-log1057-12
翌日の朝

c-log1057-13
3リットルくらい入れればちょうど良かった。

c-log1057-14

洗浄して、テスト走行。そして漏れを確認。
もれてこないので、ようやく作業は終わりました。もう一つやった作業があったんですが、それはまた後日お伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    今回の場合は、クレーム扱いにするんですか!?
    それとも、中古部品を使う事のリスクを説明して、不具合が出る場合もあると説明した上で交換したんですか!?
    本当は、予算が許すなら、整備士の観点から言ったらリビルト品を使いたいって言うのが本音なんではないのかと思ってしまいますが、どうなんですかねぇ!?
    リビルトなら、6ヶ月とか12ヶ月とかの保証がついていて、安心だと思いますけどね!
    あくまでも、個人の意見ですけどね…。