MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

アトレー S230G スピードメーターが動かない。メーターワイヤー交換

time 2016/07/11

アトレー S230G スピードメーターが動かない。メーターワイヤー交換

アトレーの最後の作業。
それは切れてしまったスピードメーターケーブルを交換する作業です。
ミッション脱着の際に固着しているケーブルをはめようとしてとうとう切れてしまったのです

c-log1061-01
アトレー スピードメーターケーブル交換

アトレーのS230Gはミッションとスピードメーターを機械的にワイヤーでつないでいます。
ミッションの回転をそのままワイヤーを介して、メーターにつないで動かしているだけのシンプルな構造。
当然切れちゃえばメーターは動かない!

c-log1061-02
ワイヤーは2700円くらいでした。

c-log1061-03
とりあえずミッション側からスタートします。レイアウトがわかりにくくなるから、外しながらはめていく
という方法がいいと思います。19mmのスパナで後ろ側のプロペラシャフトの近くにあるスピードメーターワイヤーを外して新品に付け替える

c-log1061-04
古いワイヤーをたどって、どんどんと付け替えていく

c-log1061-05
メーターまでだから長い

c-log1061-06
びょんびょんです

c-log1061-07
ある程度のところまできたら、今度はメーター側からも外していく

c-log1061-08
メーターのカバーを外してメーターを外す

もう少し
c-log1061-09
メーター

c-log1061-10
スピードメーターに取り付いているワイヤーを外す

c-log1061-11
外れた図

c-log1061-12
ボンネットを開けて、下までひいてきたメーターワイヤーを室内へ

c-log1061-13
室内へ

c-log1061-14
最後にメーターにはめて終わり。

指数が1,2時間くらいの作業です。工賃は8000円~1万円くらいでしょうか?

アトレーのスピードメーターワイヤー交換でした。

sponsored link

コメント

  • メーターケーブルですか。
    サンバーV-KS4(H4年式)のメーターの球が切れて自分で交換をしたんですが、外すのは簡単に出来たんですが、メーターケーブルの取り付けに難儀した経験がありますねぇ!
    手が入らないし、確かブレーキフルードのリザーバーずらして、そこから手を入れてケーブルを取り付けしたと思います。
    腕はダッシュボードのバリで傷だらけになるし、もう次はやりたくないと思いましたよ!
    車によって色々だと思いますが、ケーブルの取り付けがやりにくい車は、電気式のメーターがいいですよね!!

    by サンバーTT2 €2016年7月11日 13:51

    • サンバーのメーターワイヤーは確かに手が入りにくい場所ですね。

      by MHO €2016年7月11日 21:22

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ