アトレー S330 オイルプレッシャースイッチ交換

ダイハツ アトレーです。オイルプレッシャースイッチが不良になったので交換しました。

atrai-s330-oilp1

ダイハツ アトレー 型式はS330です。

atrai-s330-oilp2

アトレーのオイルプレッシャースイッチは車両の下に取り付けられています。作業をしやすいようにアンダーカバーを外しましょう。

atrai-s330-oilp3

すると見えるオイルプレッシャースイッチ。クランクプーリーの横ですね。

atrai-s330-oilp4

オイルプレッシャースイッチのカプラーを外します。

atrai-s330-oilp5

24mmのメガネで外せます。

atrai-s330-oilp6

オイルプレッシャースイッチを外すとオイルが出てきますので注意。

atrai-s330-oilp7

新品の品番です。

atrai-s330-oilp8

ネジ部に液体ガスケットを塗布します。

僕はいつもワコーズのガスケットメイクを使っています。

atrai-s330-oilp9

薄く一周塗ります。

atrai-s330-oilp10

取り付けるのはオイルが出てこなくなって、パーツクリーナーなどで取り付けネジ部を脱脂したあと締め付けてください。

atrai-s330-oilp11

あまり強く締め付けてもダメ。もともと取り付けられていた所くらいまで締め込む。相手がアルミなのでねじ込んでいけばネジ山を損傷しかねません。

atrai-s330-oilp12

カプラーをつける。これで交換は完了ですが、エンジンをかけてオイルが漏れてこないかを確認するようにしましましょう。

アトレー S330 オイルプレッシャースイッチ交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)