アトレー ターボが効かない原因は? S331Gのターボ交換

ダイハツ アトレー
型式 S331G

ターボを交換したのでレポートします。

アクセルを踏んでもターボが効きません。排気ガスがブシュブシュと漏れる音しかしなくてNA状態です。


アトレー ターボ交換


とりあえず邪魔なエアクリーナーBOXを外しましょう


確か作業指数は3時間だったと思います。錆がひどくて作業が難航・・・


遮熱板のネジやホースを外します


これは下からの図です。リヤマフラーとの結合を外します。続いて遮熱板を外しにかかります


オイルラインなどを外していきます


タービンから触媒を外す


昔のアトレーに比べれば簡単になっています


インテークのパイプを外す


続いて4WDなので、フロントのプロペラシャフトのセンターベアリングの固定を解除して隙間をつくります

こうしないとオイルパイプが外れない


エキマニからターボを外します


タービンを外す


タービンを外した状態です


古いターボ。部品を新しいターボへ移植します


この部分が外れてしまったので交換することになりました


本来あるバンドが飛んでいって、ターボが真っ二つになっちゃったんです。

こりゃターボが効かないわけです。


新品を移植していきます


簡単です


組み付けたらクーラントのエア抜きなどをしっかり行いましょう。


アトレー S331Gのターボ交換でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする