MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

アクセルペダルが固い原因を突き止める

time 2016/01/07

アクセルペダルが固い原因を突き止める

以前も書いたことがあるけれど、今乗っている車。
NAのマニュアルだけれどどうしても直したいなぁと思う部分があった。それがアクセルペダルの固さだ。
ペダルがとにかく固いのだ。ペダルが固いということは繊細なアクセルワークが出来ない。
その影響がもろに出るのが発進時だ。かっくんアクセルのためスムーズな発進ができないから家族からいつもブーイングが飛ぶ。これを解消したいからちょっと原因を突き止めることにした。
まずはワイヤーが錆びているかどうかだ。問題がアクセルワイヤーであればワイヤーを交換すれば万事解決となる。ワイヤーを片側取り外して手でしゅうどうさせてみると悪くない。

sb-log622-01

とすると問題は2箇所。アクセルペダルのスプリングかそれともスロットルバルブのスプリングだ。
ワイヤーを外した状態でペダルを踏んでみると軽い。ペダルには問題が無い。
つまりアクセルペダルの固さはスロットルバルブのリターンスプリングが強すぎるということだ。
確かに手でスロットルを開いてみると固い。結構な強さが必要だ。リターンスプリングを外してみた。
そうしたら、どこかで引っかかってくれてリターンの機能自体は損なわれずに張力もゆるくなった。
アクセルペダルを操作するとかなり軽くなったので操作性はとてもよくなりそうだ。
しかしちょっと気になって、エンジンをかけたら問題発生。エンジンのスローが高くなってしまった。
つまりスロットルが厳密に言うと全閉していない状態なのだろう。最初はファーストアイドルかなと思ったが、暖機後もスローがあまり下がらないということはやはりスロットルが完全に閉じてくれていないのだろう。
そしてアクセルを煽ったときに普通はすぐに回転がさがるが、スロットルバルブのスプリングを外した状態だと一度1500回転で引っかかってから回転が戻るといったことにもなった。
しょうがないので元に戻した。技術的にアクセルペダルの固さを修正するのはちょっと難しそうだ。
あとはペダルの梃子の原理を換えるか、それともやはりスロットルバルブのスプリングを加工してスロットルを全閉に出来て且つ、張力をゆるくするようにするかのどちらかだろう。
いずれにしてもカックンアクセルでしばらくは乗らないとだめっぽそうで、トホホでございました

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ