走行中ブレーキ警告灯が点灯したらどうする?

走行中にブレーキ警告灯がついたり消えたりすることってありませんか!?
もしそのような症状が出たらすぐに工場へ行きましょう。

seibi-q39-01

なぜなのか!?

走行中にブレーキ警告灯が点灯するということは大体の場合がブレーキパットが減っているためです。
ブレーキパットが減っていると、ブレーキフルードのタンクのブレーキフルードがブレーキキャリパーのほうへ入っていくので、油面が減って警告灯が点灯します。

ブレーキパットが減っているということは、もしブレーキパットが急に終わってしまったら全然ブレーキがきかなくなり、非常に危険です。

走行中にブレーキ警告灯が点灯したら直ぐに工場へ行ってブレーキパットの残量を確認してもらいましょう。

他に考えられる原因は、ブレーキオイルがどこかから漏れている可能性もあります。いずれにしろ、早めに工場で見てもらいましょう

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)