ブレーキローターを修正研磨する理由

車検時にブレーキローターの状態が良くないので研磨をお勧めします・・・

と、言われたことがある人は1人か2人はいると思いますがそもそも何故ローターを研磨するか?

その理由は3つあります。

seibi-q50-01

まずは上のように錆びてしまってるケース
これではブレーキパットが正常にあたる面は3分の1程度になってしまっているので当然制動力は落ちています。

次にブレーキジャダーが起こっているケース。
高速走行時にブレーキングすると、ABSが効いているようにがくがくとジャダーが起こる。これは熱によってローターが歪んでしまっているため起こります。

見た目にはわかりにくいです。

最後にブレーキローターがレコード盤のように削れている場合。
これはブレーキパットを強化している場合やブレーキキャリパーの状態がよくないときに起こります。

どれも正常な制動力が得られないので研磨したほうがいいです。

でも錆びたローターであっても、いがいとブレーキテスターにかけると規定の制動力g出ていることが多いんですけどね・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)