超簡単なバッテリーのL・Rを見分ける方法

バッテリーにはLとRという種類がありますよね?

端子の向きをあらわしているもので、LとRを間違えると配線が短くてバッテリーを取り付けできません。中には配線の取り回しを工夫すれば取り付けらえる車種もありますが、基本的にショートの可能性が高くなるのでオススメできません。

簡単に見分けの付く、バッテリーのL.R

seibi-q60-01

seibi-q60-02

上の2枚で、どっちがRでしょうか?

正解は上です。

写真は2枚とも手前がプラス側から見た図になっています。プラス側は赤いショート防止のカバーがかかってます。

プラス側から見て、右に端子があるのをR

左に端子があるのをLと見分けてください。

そのまんまだ!と思いますが、そんな簡単に見分けがつくのであります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする