MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ホイールベアリングの重要性

time 2014/10/08

ホイールベアリングの重要性

車の車軸を支える部品として、重要なのがホイールベアリングです。ホイールベアリングは大きく分けて2つの種類があります。ボールベアリングとテーパーローラーベアリング。

ボールベアリングは乗用車全般に使われています。

bearing1

これはフロントハブのに使われているボールベアリングです。通常ベアリングの潤滑にはグリスが使われていまが、このボールベアリングはシールで密封されているのでグリスの交換は不要です。

bearing2

ボールベアリングはがたつきや異音などがないかが主な点検ないようになってくる訳です。

 

続いてテーパーローラーベアリングですが、こちらはボールベアリングより大きな荷重を受け止めています。主に大型のトラックなどに使われています。

bearing3

これは大型のトラックに使われているテーパーローラーベアリングです。

bearing4

テーパーローラーベアリングは、分解時にベアリングを洗浄して新品のベアリンググリスを詰め替える作業が必要になります。そして、ベアリングを密封するのはオイルシールで、オイルシールは分解ごとに交換します。

つまり、ボールベアリングは一応メンテナンスフリーであって、異音やがたつきを点検ごとに確認します。続いてテーパーローラーベアリングは、車検ごとに分解してベアリンググリスを詰め替えるといった作業が必要になる訳です。

これらベアリングですが、近年テーパーローラーベアリングのメンテナンス不良により、大型車の車両火災が発生したといったケースが増えています。

車検でブレーキの残量を確認するために、リヤのハブは分解してブレーキシューの厚みを点検する。ですが、フロントはディスクブレーキの場合はハブを分解しなくてもブレーキパッドの残厚は計測ができてしまう。これで、フロントハブベアリングのグリス交換をしなくて、焼き付きを起こしてしまうということなんでしょう。

定期点検や車検には、決められた項目を点検しないといけません。その項目の中に大型トラックなどの車検であればハブベアリングはきちんと点検しないといけません。

実際にベアリングが壊れている車に乗ってみるとものすごい騒音が車内に響いてきます。ブレーキと同じくらいにハブのベアリングというのは重要な項目になります。

走行中に異音を感じたらすぐにベアリングの点検をしてもらいましょう。

 

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ