ボアアップとは? シリンダーの内径を大きくして排気量を大きくする

エンジンの排気量をあげるのにはどうするか?
ボア(シリンダー内径)をボーリングしてアップして大きいピストンをいれるか、それともストローク(行程)のながいクランクを使って排気量を上げるかということになります。


ボアアップは昔のエンジンでは常套手段だった排気量アップのチューニングでしたが
今はアルミブロックになってライナーなどが打ち込まれていて、非常に無駄がないエンジンになっていて削るに削れなくなってきています。
削り幅が殆どないため現在はボアアップというチューニングはあまり使えません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする