マツダ ボンゴ ヘッドカバーオイル漏れ ヘッドカバーパッキン交換

bongo

マツダのボンゴです。エンジンはガソリンのF8というものが搭載されています。

ヘッドカバーからオイルが漏れていたので、修理することになりました。

bongo-headcover2

プラグ側にオイルが漏れているのがわかります。ヘッドカバーの上にインテークパイプが通っているので、それを外さないとヘッドカバーは外せません。

bongo-headcover1

作業をしやすいように運転席とサイドブレーキなどを取り外します。

bongo-headcover3

運転席は12mmのネジ4本です。ネジ3本、ナット1本。

bongo-headcover4

センター部分のパネルも外します。

bongo-headcover5

これでエンジンの上はクリア状態になりました。ちなみに撮影の角度を助手席側からになりました(笑)

bongo-headcover6

とりあえずインテークパイプを外しにかかります。

bongo-headcover7

インテークパイプに取り付けられているセンサーやアクセルワイヤーを外す。

bongo-headcover8

アクセルワイヤーは先っぽのスロットル部分を外すだけ。インテークパイプとともにどけておきます。

bongo-headcover9

ヘッドカバーがクリアになったので、ネジを外していきます。10mmが10本。

bongo-headcover10

ネジを落とさないように。

bongo-headcover11

ネジを外し終えたら、ヘッドカバーをプラスチックハンマーでコンコンとちょっと衝撃を与えると剥がれます。ある程度固着しているので注意です。

bongo-headcover12

オイル管理はさほど悪くなさそうですね。オイル管理が悪いと中のカムシャフトやロッカーアームがオイル焼けした色をしているんです。

bongo-headcover13

ヘッドカバーのパッキンを剥がします。

bongo-headcover14

ヘッドカバーパッキンを剥がしたら、綺麗にヘッドカバーを洗浄します。

bongo-headcover15

新しいヘッドカバーパッキンをセットして、あとは反対に組み込んでいくだけです。

bongo-headcover16

エンジン側も綺麗にパッキンの残りクズやらゴミやらを掃除して脱脂してください。

ちなみにエンジンのリヤ側に半月の丸いカバーがありますが、それは確かロッカーアームを外さないと交換ができなかったと記憶しています。

マツダボンゴのヘッドカバーからのオイル漏れ修理、ヘッドカバーパッキンの交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする