ボンゴ リヤショックアブソーバーブッシュ交換

bongo

マツダのボンゴです。この車は、ある程度の距離と時間が経過してくるとリヤのショックアブソーバーのブッシュが磨耗してガタが出てしまいますので交換が必要です。

大体目安は10年10万キロ程度。重たい荷物などを載せるとてきめんです。

診断方法は、リヤのアブソーバーブッシュを持って手でさすってみるだけ。

問題ないものはがっちりしていますがブッシュがへたっているものはガサガサします。

bongo-rab-bs1

リヤのアブソーバーブッシュです。主に下のブッシュがへたります。

bongo-rab-bs2

このリヤのアブソーバーブッシュは左右で挟み込んでいるので、1つのアブソーバーに対して2つ使われています。

bongo-rab-bs3

17mmのメガネレンチを使って、アブソーバーのネジを外します。

bongo-rab-bs4

ナット、スプリングワッシャー、ワッシャーの順番に外します。

bongo-rab-bs5

アブソーバーからブッシュを外していきます。

bongo-rab-bs6

アブソーバーを外すとき若干きついですが、外せます。

bongo-rab-bs7

古いブッシュを内側のものも外します。

bongo-rab-bs8

続いて新しいアブソーバーのブッシュを1つセットする。内側に潤滑剤を塗っておくとスムーズに入ります。

bongo-rab-bs9

続いてショックアブソーバーを入れて、その次にまたブッシュを入れて挟み込む。

bongo-rab-bs10

あとはワッシャー類を入れていく。

bongo-rab-bs11

ネジを締めれば終わりです。

bongo-rab-bs12

完成。見事にガタつきはなくなりました。

bongo-rab-bs13

ちなみに新旧のブッシュを見比べてみるとご覧の通り。古いものはかなりペッチャンコです。

bongo-rab-bs14

最後に品番を載せておきます。

ボンゴ リヤショックアブソーバーブッシュ交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする