ボンゴ SE88M ヒーター効かない サーモスタット交換

マツダ ボンゴ
SE88M
エンジンはガソリンのF8です。

ヒーターが効かないので修理しました

c-log1069-01
ボンゴ

c-log1069-02
症状を確認したら、ヒーターは効いている。レジスターも以前交換している。
どうも水温が上がってこないのが原因だ。

ということでサーモスタットを交換することにしました

c-log1069-03
作業がしやすいように運転席を外します

c-log1069-04
このサービスパネルを外すとサーモスタットの取り付けが見えてきます

c-log1069-05
サーモスタットはラジエターアッパーホースのエンジン側の付け根についています。
12mmのナット2本で止まっているタイプ

c-log1069-06
下のナットは外しにくい

c-log1069-07
ナットを外すとクーラントがもれてくるので注意

こぼれます。

c-log1069-08

古いサーモスタットを外してガスケットを綺麗に剥がします
c-log1069-09
ガスケットを綺麗にしたら、新しいサーモスタットを取り付ける

c-log1069-10
きちんとはめないともれてくるので注意

c-log1069-11
最後にクーラントを入れてエア抜きをして、水温計が上がるのを確認。

漏れがなければボンゴのサーモスタット交換は終わりです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)