MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ボンゴ SE88M ヒーター効かない サーモスタット交換

time 2016/07/24

ボンゴ SE88M ヒーター効かない サーモスタット交換

マツダ ボンゴ
SE88M
エンジンはガソリンのF8です。

ヒーターが効かないので修理しました

c-log1069-01
ボンゴ

c-log1069-02
症状を確認したら、ヒーターは効いている。レジスターも以前交換している。
どうも水温が上がってこないのが原因だ。

ということでサーモスタットを交換することにしました

c-log1069-03
作業がしやすいように運転席を外します

c-log1069-04
このサービスパネルを外すとサーモスタットの取り付けが見えてきます

c-log1069-05
サーモスタットはラジエターアッパーホースのエンジン側の付け根についています。
12mmのナット2本で止まっているタイプ

c-log1069-06
下のナットは外しにくい

c-log1069-07
ナットを外すとクーラントがもれてくるので注意

こぼれます。

c-log1069-08

古いサーモスタットを外してガスケットを綺麗に剥がします
c-log1069-09
ガスケットを綺麗にしたら、新しいサーモスタットを取り付ける

c-log1069-10
きちんとはめないともれてくるので注意

c-log1069-11
最後にクーラントを入れてエア抜きをして、水温計が上がるのを確認。

漏れがなければボンゴのサーモスタット交換は終わりです。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ