MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ボンゴブローニィ SREAV タイミングベルト交換

time 2016/02/04

ボンゴブローニィ SREAV タイミングベルト交換

マツダのボンゴブローニィです。
昭和60年式ガソリン車
エンジンはFE
型式 M-SREAV

お盆に使うということで、駆け込みでタイミングベルト交換の依頼がありました。

c-log924-01

ボンゴのタイミングベルトは何度もやったことがあるので、要領は得ている。

とりあえずクーラントを抜きながら運転席を外してセンターコンソールを外す

c-log924-02
こういうキャブオーバーは運転席を外して、センターコンソールを外す。
そして大体がラジエターを外してからタイミングベルト交換をする

c-log924-03
続いてラジエターを外す。ラジエターを外さないと、作業スペースが上手く取れない。

この車はラジエターを外すとき、ラジエターのロアタンクについている水温センサを外してあげないとひっかかって抜けない。
ラジエター自体は10mmのネジで上から2本で止まっているだけ。

さきにファンとシュラウドを外してあげないとラジエターを抜くスペースが無い。

c-log924-04

c-log924-05
ラジエターを外した状態。補機ベルトを外す。3本。

そうしたらクランクシャフトプーリーのネジを外す。
クランクシャフトプーリーはクランクのスプロケットに10mmのネジ6本で止められている。

c-log924-06
続いて手で持っているファンのステーを外す。これを外すにはオルタネーターを最大限までよけておかないと
ネジが外せない

これでタイミングベルトカバーを外していく。上下2分割

c-log924-07
ウォーターパイプなどは極力外さない。このくらい古い車になるとあっというまに
切れてしまうからだ

c-log924-08
資料がまったくなくて、合わせ方がよくわからないけど、クランクのところにあるマークに
合わせてみたら合致するところがあったので、そこを1番圧縮上死点とする。

資料がない場合のタイミングベルト交換は、その張り具合をよく覚えておく

c-log924-09
タイミングベルトを外す

これで次はウォーターポンプとカム・クランクのオイルシールを交換する

c-log924-10
ウォーターポンプを交換

c-log924-11
続いてカムとクランクのオイルシールを交換

c-log924-12
カムシャフト。36mmのソケットを使えば上手くはめられる。

ちなみにカムとクランクは同じオイルシールだそうです

c-log924-13
続いてクランクのオイルシール

c-log924-14
これで新しいテンショナーをセットして、新品のベルトをかける

c-log924-15
純正のタイミングベルト

c-log924-16
カムとクランクをずらさないようにベルトをかける

c-log924-17
めちゃくちゃみにくいけれど、Aという刻印がしてある矢印マークとカバーの突起を合わせる。

山と谷の中間みたいな場所で合わせにくい

c-log924-18
クランクはスプロケットの切りかきを上部の突起に合わせる。

c-log924-19
張りを与え、テンショナーをロックしたら一応クランクを2回転まわす。
カムとクランクの合いマークがずれていない事を確認して元に戻していく

c-log924-20
交換した部品

c-log924-21
60年式のタイミングベルト。走行距離は5万キロちょうど。

実に26年ぶりにタイミングベルトを交換したことになる。よく切れなかったものだ。亀裂は走っていた

c-log924-22

ということで昭和60年式のボンゴブローニィのタイミングベルト交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ