マツダ ボンゴ ステアリングラック交換

マツダボンゴです。
この車両は、中古車販売でタイミングベルトやらウオーターポンプやら
全て交換して販売した車。

2年たって車検に入ってきました。

販売するときに、タイロッドにガタがあるということでタイロッドを交換してあります。

c-log660-01

そしたらなんと今回の検査にて、ステアリングラックの内部にガタがあることが判明。

リビルトのステアリングラックへ交換することになりました。

c-log660-02

ステアリングラックの交換なんて簡単じゃん。

なんていえるのはFRだけ。
他のレイアウトの車は交換は結構大変。

このボンゴにいたっては絶望的にスペースがなし。

c-log660-03

結果的に書くと、

ラジエターを外さないと絶対にボンゴのステアリングラックは外れません。

c-log660-04
ラジエターを外した状態。

c-log660-05
外したラジエター

c-log660-06

パイプがかなりかたくしまっています。
でもって、やっぱりスペースがないからかなり難易度の高いステアリングラックの交換ですね。

リビルト品のステアリングラックには印がついているんだけど、それを鵜呑みに組み込むと
ハンドルのセンターが狂ってるわ、左右の切れ角が変わっちゃってるわ

交換よりも調整のほうに時間がとられました。

以上ボンゴのステアリングラック交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする