ブレーキオイルの劣化と色

定期交換部品ってあるでしょう?

それが部品ではなくても、オイル類だったり
クーラントだったりと。

で、今回はブレーキオイルの話なんですけどね、

まずはコレを見てください

brake-f-color1
こげ茶色

毎年2年ごとに定期的に交換していれば、
ここまでは茶色くならないはずですね。

まぁブレーキオイルは2人で交換するか、きちんとしたツールがないと
なかなか一人ではできない作業なので、サボりがちですよね。

でもブレーキオイルというものは、ほとんどが循環されないで使われています。

ブレーキはパスカルの法則で油圧を保っているんですが、

一番過酷なのは、ブレーキキャリパーやブレーキドラムのシリンダーの中の
フルード。

スポンサードリンク

当然ここは熱がこもります。
それなのにずっと使われていくために、どんどん劣化していきます。

ブレーキオイルは水に溶けてしまう性質がありますので、
空気中の水分もすってしまいます。

そうなると沸点が下がってしまって、ベーパーロックが起こりやすくなるので、
ブレーキフルードを交換していない車で山道を走るのは危険なのです。

特に峠道の多い地域に住んでいる人は確実に
ブレーキオイルを交換してね。

brake-f-color1
しかもよくよく見ると、

ブレーキフルードの色が2層に分かれているでしょう?

これは後から新油を足したためですね。

新しいフルードは、色が透明です。
劣化したブレーキフルードとはなかなか混ざり合わないために

こんな断層チックなりザーバータンクになっているのです。

フルードを安易に足してしまうと、ブレーキの警告灯が
点灯しなくなって、

ブレーキパッドの残りがわからなくなるので危険ですよ。

ブレーキフルードの量は、ブレーキパッドを新品に換えたときに
規定の位置にあわせましょう。

このブリーダーがあれば1人でも簡単にブレーキオイルの交換ができますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする