ブレーキ廻りのメンテナンス

殆どのカーメーカーには、一応決められた目安となるブレーキのメンテナンスが記されています。
ブレーキオイルが2年ごと交換というのは有名な話ですが、
マスターシリンダーのOHなんかも4年に1度は行ってくださいよ。
なんて内容があるのは、あまり世間一般的には知られていません。

tire-item19

整備の現場でも、現在は価格競争などが激しいので、ブレーキ廻りに漏れがないばあいは
OHはあまり行わなくなってきています。ドラムブレーキのホイールシリンダーは
その性質上漏れやすいんですが、ディスクブレーキのキャリパーシールは
ホイールシリンダーに比べて殆ど漏れてきません。
それでもブレーキオイルを交換していない車体などは、水を吸っているブレーキオイルなどにより
内部が腐食し始めて、漏れの原因を作り出したりしています。

スポンサードリンク

現場で行われているブレーキ廻りの、メンテナンスはパッドやシューの交換、
ブレーキオイルの交換、ブレーキホースの交換がメインになってくるわけですね。
しかし、ブレーキに使われている部品はゴム製品。劣化してくると必ず漏れてくるわけです。
特に、ブレーキ漏れは殆ど乗らない車体におおく発生します。それだけ、その場所から
ピストンが動いていないので固着しているケースが殆ど。
中にはまったく動かないなんてこともあります。そういう場合は、シューを外した状態で
ブレーキペダルを踏んで、油圧でピストンを飛び出させ、シリンダー内部の状態を確認。
固着している場合は、ほぼASSYで交換しないと、カップキットだけ交換してもまた漏れてきます。
とまぁ、ブレーキのメンテナンスは気を使うし、手も汚れるのであまりやりたくない部類です。
一番命にかかわる部分ですからね。

自分の車も、10万キロブレーキはノーメンテナンス状態。パッドとフルードは入れ替えていますが、
そろそろホースを変えて、キャリパーシールキットを交換、マスターシリンダーをOHしたいと思います。
そうすれば安心してアクセルを踏めるって言うものであります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ノート より:

    ドラムブレーキのカップキット、整備工場では車検時に「交換した方がいいと思います」
    ディーラー整備士は「特に漏れが無ければ交換しなくてもいいですよ」
    漏れてからじゃ遅いんじゃないの?と思いました。

    • MHO より:

      漏れ始めってダストブーツの中に洪水のようにたまったりしています。それがあふれるとブレーキシューにもオイルがついて使えなくなってしまいます