MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ブレーキマスターシリンダーからの激しいオイル漏れ

time 2015/12/11

ブレーキマスターシリンダーからの激しいオイル漏れ

ブレーキマスターシリンダーです。
油圧ブレーキの最初の油圧を発生させる装置です。
ペダルからの踏力を受けて油圧を発生して各ブレーキへ伝える仕組み。

c-log867-01

このマスターシリンダーですが、中に使われているのがゴム製品。
ゴムの弾力で油圧を保持しています。なので経年劣化で漏れが生じてくる。

本日はそんなブレーキマスターシリンダーの漏れを撮ってきました。

c-log867-02
角度を変えてみてみると、どうでしょうか?

ブレーキマスターシリンダーが取り付けられているブレーキブースターの塗装がはげてしまい、錆びているのが分かります。

これはブレーキマスターシリンダーが漏れて、そのブレーキオイルによってマスターバックの塗装がはげる。

 

そしてそこから錆びてきてしまっています。

こうなったら早急にマスターシリンダーをOHしないといけません

c-log867-03
もれもれ。良く見ると、ボディの塗装まではがされてしまっている。

c-log867-04
ブレーキのリザーバータンクも減ってきてしまう。最終的にはすっぽ抜けてブレーキが利かなくなることは容易に想像がつきます。

ブレーキマスターシリンダーは3000円くらいでリペアキットが売っています。
工賃は1時間くらい。あとはブレーキオイルを必要とするので、15000円くらいあればOHを依頼することが出来ると思います。

みなさんもマスターシリンダーにも目を配ってあげてくださいね。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ