ブレーキマスターシリンダーからの激しいオイル漏れ

ブレーキマスターシリンダーです。
油圧ブレーキの最初の油圧を発生させる装置です。
ペダルからの踏力を受けて油圧を発生して各ブレーキへ伝える仕組み。

c-log867-01

このマスターシリンダーですが、中に使われているのがゴム製品。
ゴムの弾力で油圧を保持しています。なので経年劣化で漏れが生じてくる。

本日はそんなブレーキマスターシリンダーの漏れを撮ってきました。

c-log867-02
角度を変えてみてみると、どうでしょうか?

ブレーキマスターシリンダーが取り付けられているブレーキブースターの塗装がはげてしまい、錆びているのが分かります。

これはブレーキマスターシリンダーが漏れて、そのブレーキオイルによってマスターバックの塗装がはげる。

そしてそこから錆びてきてしまっています。

こうなったら早急にマスターシリンダーをOHしないといけません

c-log867-03
もれもれ。良く見ると、ボディの塗装まではがされてしまっている。

c-log867-04
ブレーキのリザーバータンクも減ってきてしまう。最終的にはすっぽ抜けてブレーキが利かなくなることは容易に想像がつきます。

ブレーキマスターシリンダーは3000円くらいでリペアキットが売っています。
工賃は1時間くらい。あとはブレーキオイルを必要とするので、15000円くらいあればOHを依頼することが出来ると思います。

みなさんもマスターシリンダーにも目を配ってあげてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする