MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ブレーキ警告灯が点灯した意外な原因

time 2014/10/23

ブレーキ警告灯が点灯した意外な原因

さて、この間ちょっと面白い整備作業がありました。

それを本日はお届けします。 内容は ブレーキの警告灯がついて、消えないので困ってるとのこと。 ありますよね?ブレーキの警告灯。 サイドブレーキを引くと、警告灯がつきますよね?

サイドひいてるよって。 それがつきっぱなしになっちゃうってらしいんです。

原因は何か?

①サイドブレーキの戻し忘れ(笑)

②ブレーキ液の漏れ

③ブレーキパッドの磨耗

④その他

 

さすがにサイドの戻し忘れが原因で、わざわざ工場まで相談にはこないですよね? 大抵②か③であることが多いんです。 ブレーキの警告灯というのは、サイドブレーキを引いてるよ! という目安だけの警告灯ではないんです。 ブレーキパッドが減ってきて、ブレーキフルードが キャリパーの中にたくさん入っていって、 リザーバータンク内のフルードが減った時などにも、警告灯は光ります。

まずはブレーキパッドと、ブレーキライニングの残量をチェックしました。

「うーむ。別にパッドは減っていないしなぁ。それにブレーキ液も規定の量入ってるよな・・・」

なんてこった。なぁんか迷宮入りしそうな予感・・・ 今まで経験してきた車は大抵ブレーキの磨耗が原因だったってのに~。 と、肩を落としてみましたが、冷静に考えました。 サイドブレーキを引いた時に、警告灯がつくということは、 サイドブレーキにも警告灯のスイッチがついているはずだよな~。 そこをチェックしてみるか・・・

「おや?よくみると、この車ほかの車に比べてサイドがずいぶん沈んでるよな・・」

ほかの同型車種と比べても、サイドブレーキをフリーにした状態が ずいぶんレバーが下にあるんです。 こいつはおかしくないか? と思って、パネルを外していくと

愕然

c-log45-01

なんじゃこりゃー!!

見てビックリ

サイドブレーキレバーのステーが今にも錆びて朽ち果てそうだ・・・ 案の定、サイドブレーキをゆすってみると、イヤ~な感覚・・・ いつ折れるか分からないぞこのサイド! で、問題のサイドブレーキに連結されている ブレーキ警告灯のスイッチは

c-log45-02

 

フリーにした状態だと、サイドブレーキが沈みすぎて、 逆にスイッチを押してしまっています。

c-log45-03

サイドを少し引いてやるとスイッチが浮いてきました。

c-log45-04

 

 

原因はコレだ! お客さんに話をしました。 板金してシーラーを新たに塗らないと駄目だよって。 その板金代の見積もりが約10万円! この車は平成3年式で走行距離も10万オーバーのため、 そんなにお金をかけられないということで、廃車になりました。

軽トラックは、荷台とキャビンはシーラーで水が入らないようになっていますが、 経年劣化で、シーラーが硬化してはがれてしまい、 荷台からの水がキャビンに浸入してサイドブレーキを錆びさせたと。 危なかったよね~。いつサイドのレバーがとれちゃうかわからなかったんだよ? 恐ろしいことです。

こんなこともあるんだなぁと、結構勉強になった 整備作業でした。 皆さんもブレーキの警告灯が点等したら、いろいろと探ってみてくださいね

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ