MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

車検のブレーキ検査で厄介なのは左右の制動力差である

time 2016/01/10

車検のブレーキ検査で厄介なのは左右の制動力差である

車検にはブレーキテストというものが存在します。これは一体何を見ているかというと、
車の車軸の重さに対して、決められた値までブレーキが効いているかを検査しています。
世間一般的には制動力判定と呼ばれています。
一般ユーザーにはあまり知られていませんが、まずサイドブレーキ。これはブレーキテスターでサイドブレーキを引いたときのタイヤの制動力を測定。その左右の合計が検査時車両状態における自動車重量の20パーセント以上ないといけない。

1500kgの車なら、運転手を55kgとして1555kgの重さで計算すると、この20パーセントに当たる制動力がないと駄目
後輪のブレーキは後輪の軸重の重さに対して10パーセント以上の制動力を出さないと駄目。

sb-log629-01

さらに制動力判定には左右差というのもテストしています。この左右差は8パーセント以下という取り決めがあります。

右のブレーキが仮に100Nという制動力を発揮していたら、左のブレーキは90Nであった。

この差は8パーセントを超えてしまっているので不合格です。車検時には特にブレーキを調整する機会の多いドラムの場合は左右差が出やすい。整備士の腕にもかかってきますが、下手な整備士に調整させるとブレーキの左右差は結構なものになります。

差を縮めるためにもブレーキシューを一皮削ってやるといった作業が行われています。
前輪のブレーキのテストは制動力では左右差しか見ていません。しかしながら制動力の総和という判定もありまして、4輪全てのブレーキの値が、検査時車両重量の50パーセントを超えないといけない。
という取り決めもあります。ブレーキが効かない車は車検ではねられてしまうわけですね。
しかも左右差が大きな車も検査ではねられてしまう。
踏み方が足りないと、簡単に制動は落ちてしまうのでユーザー車検でブレーキテストを行う際には思い切り踏みましょう。

sponsored link

コメント

  • 車検整備専門の整備ラインがこぼしたブレーキ液を放置してタイヤの
    摩擦を低下させておきながら(当然検査は不合格)その非を認めなかった
    後輩と喧嘩して検査員を降りました!

    by 元スバルの糞メカニック €2016年1月10日 23:35

    • 検査員は重いものを背負ってますからね!
      自分で責任を負わないといけないからきちっと主張しないとだめですよね

      by MHO €2016年1月11日 20:33

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ