MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ひび割れたブレーキパッド

time 2014/11/08

ひび割れたブレーキパッド

brakepad-hibi1

タイヤを外してキャリパーの覗き穴から、どのくらいの厚さ残っているか
確認できます。

あ、まだまだこれだけあれば大丈夫♪

なんて思った人も居ると思いますが、

実際このパッドはすでにお亡くなり寸前だったりします。

よく見てみると







brakepad-hibi2
ひび割れしまくり

案の定、パッドを取り外してみると
ごそっと朽ち果ててしまいました。

どうしてこうなるのかって言うと、
熱の問題もあったり、経年劣化だったり、いろいろな要素が含んで

ひび割れてくるものもあります。

こうなると走行中にイキナリブレーキパッドが崩れ落ちて
ブレーキのふみ応えがなくなり、

車が止まらずに

クラッシュ!

などということにもなりかねませんので、
皆さんもブレーキパッドは

厚みだけを確認するのではなく、ヒビなどがはいっていないかの
チェックもするように心がけてくださいね。

ブレーキは車の中で一番重要な部分ですからね。

実際にあったケースとしては、VWのゴルフでバックする時にブレーキが引きずるというケース。

ブレーキパッドを外してみたら、ライニング面がごそっと落ちてしまった。それがキャリパーとローターの間に挟まってしまい、引きずっていた。前進では問題なかったんですけど。

それにしてもあぶないですよね。

MHOショップでは低価格の高性能ブレーキパットを販売中

ブレーキパット

是非お試しください

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ