バイワイヤーで出来る事

これからの自動車技術で本格的になってくるであろうバイワイヤー。
バイワイヤーは機械的なケーブルでつなぐわけではなく、電気信号で置き換える技術。
現在使われているバイワイヤーとして、電子スロットル。当たり前ですがアクセルワイヤーがなく、
ぺダルのアクセルポジションスイッチと電子スロットルを制御しています。

by-wire1

モーターショーで話題になった日産のピボ。キャビンが180度まわる凄いやつ。
ハンドルがどうなってるかというと、バイワイヤー。ステアリングホイールの角度を電子的に確認して、
タイヤの向きを変える。

スポンサードリンク

ステアリングシャフトでタイヤの向きを変える訳じゃなく、電気的に繋ぐ。
そしてバイワイヤーの技術はブレーキにまで及んできています。油圧ではなく、ペダルはスイッチ。
タイヤにはそれぞれブレーキのモーターが備わっている。
ブレーキパイプやマスターシリンダーなど必要なくなってくるであろうと。
バイワイヤーのメリットはデザインや配置などが自由になるということ。
ハンドルなんかどこにあってもいいわけです。それと全ての
バイワイヤー同士を上手くリンクさせることが出来る。
ブレーキのバイワイヤーはABSとかトラクションコントロールなんかと制御が共にできる。

これからの自動車技術としてバイワイヤーが使われていく。
電子スロットルでも故障をしたらかなり違和感が覚えます。
ペダルを踏んでもスロットルが開かないわけですからね。
バイワイヤーの課題はどのように現実操作との融合をはかっていくかですね。
バイワイヤー。凄い技術なのでした

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 元スバルの糞メカニック より:

    軽でもバイワイヤーですものね!
    これが出来ると嬉しいのが軽でもクルーズコントロールが付けられる
    事ですね。
    その逆がエンジンコンピューターのハッキング!

    • MHO より:

      クルーズコントロールがあると便利ですよね。
      iSightで実感しましたけど、自分の車にもほしいです。