MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

シリンダーヘッドについて

time 2014/12/31

シリンダーヘッドについて

現代整備ではシリンダーヘッド脱着に伴うヘッドガスケットの交換は比較的重整備に入ります
ヘッドガスケットの交換は、通常ではオイル漏れが発生したり、
オーバーヒートでヘッドが歪んだ場合に行います。

f6a-head1

先日もスズキのアルトのSOHCの2バルブエンジンのヘッドガスケットを交換しました。
F6Aですが、激しいオイル漏れを起こしていたのがきっかけでヘッドガスケットを交換することに。
ヘッドをはぐったら、古いヘッドガスケットのカスをキレイに取り除きます。
そしてストレートエッジとシクネスゲージでシリンダーヘッドとブロックの歪みを計測します。
このF6Aの場合0、03ミリがヘッドとブロックの歪み使用限度。

スポンサードリンク

しかし0、03ミリは本当に薄いゲージになりますのできちんと古いヘッドガスケットの
カスを取り除いてないと、簡単にゲージがストレートエッジとヘッドの隙間を通ってしまいます。
キレイにオイルストーンで磨き上げます。

僕が使ってるオイルストーン。コンパクトでいいですよ

僕が使っているシックネスゲージ。0、04mmからですが、大体これで困りませんでした。
オーバーヒートを起こしている車はヘッドが歪んでいる場合があるので、
歪んでいたら加工屋さんに修正研磨をしてもらい、圧縮の計算に基づいた
厚みのヘッドガスケットにて組み付けます。
ただオイル漏れを起こしていたたけだからと歪み測定を行わないと
後でトラブルの元になります。
ヘッドガスケットを交換するには燃料ホースやらバキュームやら配線やらいろいろ
外さないといけないので慎重にやりましょうね

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ