オイル管理不良によるオイル漏れ

今回はちょっと稀なオイル漏れのケースでした。今までで2回だけ遭遇したことがあるケースのオイル漏れ。

事の発端は、高速道路を走っていたらオイルランプが点いてしまった。という相談から。その場ですぐに停止して、JAFに助けてもらったということで入庫してきました。その後すぐにオイルを注いでもらったが、オイル漏れは激しい。

車はホンダのアクティですが、エンジンはなんとか無事だった模様です。車両をリフトアップして点検してみると、どうもウォーターポンプの上の辺りからオイルがどんどんと漏れてくる。その辺でオイルが漏れてきそうな部位は3つ。

ヘッドカバーのパッキン

カムシャフトのオイルシール

ヘッドガスケット

しかしよく見るとタイミングベルトカバーの中からが一番怪しいので、とりあえずカバーを外してみました。

cam-seal-more1

先日タイミングベルトを交換しているという。その時の記録を見るとオイルシールは交換されていなかった。

cam-seal-more2

これだけの勢いでオイルが漏れてくるという事は、ある程度油圧もかかっている部分だと推測できます。もしかしてとカムシャフトのスプロケットをよく見ると

cam-seal-more3

やはり。オイルシールが抜けている。

cam-seal-more4

タイミングベルトを外してみました。

cam-seal-more5

どうでしょうか?あまりお目にかけられないですが、オイルシールが抜けてしまっています。僕はこれは2回目の遭遇。1回目は三菱のeKワゴンのクランクシャフトのオイルシールでした。

オイル管理が悪い車だと、ブローバイの通路がつまり気味になってきます。そこに、エンジン回転を高回転を使い続けるとクランクケースの内圧が高まって、オイルシールに負担がかかってくる。

スポンサードリンク

何かの拍子にシールが圧力に負けて抜けちゃったみたいですね。ちなみにホンダのE07Aというこのエンジンはクランクシャフトのオイルシールはプレートがあるので抜ける事はないと思います。

cam-seal-more6

クランクシャフトのオイルシールは無事でした。

cam-seal-more7

オイルシールを外してみると、中はスラッジだらけ

cam-seal-more8

抜けてしまったカムシャフトのオイルシール

cam-seal-more9

裏にはスラッジが堆積しています。

cam-seal-more10

大体タイミングベルトを交換する時にオイルシールも一緒に交換する事がほとんどなんですが、この車両は換えられていませんでした。とりあえずカムとクランクのオイルシールを新品に交換して、ヘッドカバーを外して洗浄。ブローバイのホースを洗浄。

割と良くきくピットワークのオイルシーリング剤です。

エンジンのフラッシングをしてオイル交換をしてお客さんに説明しておきました。手を入れられそうな部分はきれいにしたけれど、内部がもっとつまっていれば、オイルシールが100パーセント抜けない保証はない。ということを伝えておきました。あとオイル交換の重要性というのも説明。

おそらくは大丈夫だと思うんですけどね。オイル交換をさぼっているとこういうところでもほころびが出てしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)