チャコールキャニスターの点検方法。レアだけど仕組みを理解しておこう

本日はかなーりレアな整備を。
チャコールキャニスターの点検というヤツです。
まずはチャコールキャニスタートはなんぞや?
と思いますよね。

本日はキャニスターにスポットを当ててみましょう。

c-log716-01
チャコールキャニスター

チャコールキャニスターはいわゆる活性炭。
何をしているかというと、環境に配慮して、燃料蒸発ガスを一時的に貯めておいて
積極的にエンジンの燃焼室へ戻すような制御をしています。

大気を導入している大気フィルタの詰まりは、経年劣化で徐々に進みます。
詰まってしまったまま使い続けていると、燃料タンクに穴が開いてしまうことも。

そんなことにならないようにキャニスターさんを
たまーには点検してあげましょう。ちなみに、コイツは燃料フィルターではありません。
あくまであまった燃料蒸発ガスを貯めておいてエンジンに戻す
環境配慮の憎いヤツです。

当然燃料蒸発ガスなので、ガソリンエンジンに搭載されています。

キャニスターの点検は何をするかというと

配管に亀裂がないか点検。
キャニスターが詰まっていないか、損傷していないか点検
チェックバルブは正常に動いているかの点検

とまぁこの3つを点検するわけです。

因みに、整備書に載っているキャニスターの点検方法は

①大気吸排口から強く吹いて、吸入口へ通気があるか点検
吸入口を指で押さえ、大気吸排口から強く吹いたとき、排気口のバルブが
開いて通気があるか点検。

②チェックバルブ点検
バルブのタンク側から強く空気を吹き込んだとき、キャニスター側へ
抵抗なく通気するか?
バルブのキャニスター側から弱く空気を吹いた時、タンク側へ
抵抗なく通気するか?

不具合がある場合はバルブを交換

これが一般的なキャニスターの点検方法。

c-log716-02

もし自分の車のガソリンタンクに亀裂やら、変形などが見受けられた場合は
キャニスターを点検しないでそのままタンクを載せ換えても
また変形やら亀裂が走る可能性があります。
それを覚えておいてください。

本日は簡単に出来るキャニスターチェック。

これで簡易的に大気フィルタの目詰まりが点検できます。

①エンジンを始動させ、暖機した後、アイドリングで少し放置。
15分後に燃料タンクのキャップを一度あけてガソリンタンク内を大気圧にします。

②キャップを締めて、アイドリングを30秒行い、燃料タンクのキャップを再び開けたときの
吸引音の有無を確認します。

「シュー」といった吸引音がないことを確認してください。
「シュー」といった吸引音がある場合は、大気フィルタが目詰まりを起こしています。
但しシュー音と一緒にガソリン臭がする場合は、燃料タンク内の正圧力が排出された音であるため
異常ではありません。ポイントは①、②を行った後、キャップを開けたと発生するのは
吸引音か排出音か?
吸引音であればガソリンの臭いはあまりしません。
排出音であれば、ガスが出てくるので強い臭いがするはずです。

これで大気フィルタの詰まりが点検できるというわけです。
大気フィルタが詰まってしまうと、前述したとおり、ガソリンタンクが損傷したりするので
気をつけてください。

たまーにはキャニスターを交換するってのもいいかもしれないね。
その場合は交換できる範囲のパイプやホースを交換したほうがいいかもね。

本日は簡単に出来るキャニスター点検でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    本当かどうか判らないんですが、口一杯まで給油すると本来蒸気が充満するはずのチャコールキャニスターに燃料(液体)が入ってしまい、キャニスターに良くないと聞いた事がありますが、どうなんでしょう?

    • MHO より:

      そう考えると、そんな気もしますね。
      自分の車では、常に満タン給油していますが問題はなさそうです

  2. sho5 より:

    点検方法たいへん参考になりました。
    別に問題はなさそうだからと「レ」を入れていましたが今後はやってみます。