キャンター アクセルペダル交換

キャンターのアクセルペダルが外れやすいので交換してくださいという依頼を受けて出張で修理をしてきました

c-log960-01
三菱キャンターのアクセルペダル。

アクセルペダルが外れやすいのは、フロアマットを掃除するためにはペダルを引き起こす必要があります。
その時ペダルを押さえているツメを解除するんですが、この動作を繰り返すと簡単にペダルのツメが壊れてしまう。

アクセル操作にとくに問題は出ないんですが、安全のための交換です

c-log960-02
まずはアクセルペダルを起こします。ツメが折れているので簡単に起こせてしまう。
これが交換の理由です。

普通はツメで引っかかっているから解除しないと起こせないはずなのに

c-log960-03
あとはピンでブラケットに刺してあるだけ。そしてピンが抜けないようにEリングで止まっています

c-log960-04
Eリングを解除します。あとはピンをドアのほうから引っこ抜く

c-log960-05
錆びているとすこし固着しているかも。ピンを抜いたらペダルが取り外せます

c-log960-06
ピンを取り外し

c-log960-07
新品のペダル。手で持っているところが、ツメの部分です。ここが動作を繰り返すと折れてしまう。

取り付けは簡単。ピンを通してEリングで固定するだけ

c-log960-08
ペダルにピンとEリングをセットしたら、アクセルのレバーにペダルをツメで固定するとOK

c-log960-09
というわけで取り付け完了

キャンターのアクセルペダル交換でした。簡単です

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする