キャンター FD50AB ブレーキパッド交換

キャンター
FD50AB
シングルキャリパーの車です。

ブレーキパッドが炭化していて危険だったので交換することに

c-log1001-01
キャンター

c-log1001-02
トラックでも作業は同じ。まずはブレーキオイルのタンクからスポイトなどですこし
ブレーキオイルを抜いておきましょう
c-log1001-03
続いてキャリパーの下のネジを外す。17mmです。超硬い

c-log1001-04
スライドピンを外して、キャリパーを上へ持ち上げる

c-log1001-05
古いパッドを外します

c-log1001-06
-ドライバーなどでこじってはずす

新旧ブレーキパッド

c-log1001-07
新しいパッドにブレーキグリスを塗布する

おすすめです。ブレーキプロテクター

c-log1001-08
新しいパッドを装着する

c-log1001-09
飛び出たピストンをプライヤーなどで掴んで戻す

c-log1001-10
そうしたらキャリパーのネジを締めて出来上がりです。

中にはパッドセンサーを使っているものもあります。再利用できなくもないですが、
上手く取り外さないと簡単にセンサーは割れてしまいます。出来れば用意しておいたほうがいいかもしれないです。

あとはブレーキペダルをポンピングして、踏みしろが出たらブレーキオイルをMAXまで補充。

慣らし運転をしてブレーキのあたりをだせば完了です。

以上キャンターのブレーキパッド交換でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする