カプチーノ デフオイル交換 EA11R

皆さんは、エンジンオイルはこまめに変えているとして、ミッションと、デフオイルはどのくらいのスパンで変えていますか?

僕は大体オイル交換3回に1回。

つまり10000KMくらいを目安に交換しております。
これは町乗りです。

サーキットなどに行く場合は、その前に交換。そして、走行後も交換するようにしています。

てなわけで本日はデフオイル交換行ってみましょう。

モデルはちょうどデフオイルの交換時期だったカプチーノ現在8万キロジャスト

まずはデフをごらんあれ

cap-c18-01
赤丸が排出口

青丸が注入口です

ボルトは9.5角のスクエアタイプ。

ラチェットレンチの先っぽでちょうどよし。

順序としては、まずは注入口から緩めます。
なぜかというと、排出口を先に緩めてオイルを抜いて、注入口が緩まなかったなんてことはシャレにならないので、一応守りましょう。

cap-c18-02
よし、緩んだ。

では次に排出口をとってオイルを抜きます

cap-c18-03
前回は100%合成油を入れていました。

今回はただのギアオイル。鉱物油ね。

1万キロ走ってないのにかなり黒い。

カプチーノには機械式のデフがついていないので普通のギアオイルで十分なのです。

cap-c18-04
デフとミッションのドレンボルトには磁石がついていて、ギアの切粉が付着するようになっています。

コマめに変えているから、切粉はついていませんが、ブレーキクリーナーで清掃しておきましょう。

カプチーノの場合はこのドレンボルトには液体パッキンを塗る指示があります。

そしてオイルを注入

cap-c18-05
注入口からオイルがあふれてくるまで入れる。

規定量は確か0.8リットル。

あまりたくさん入れても吹いちゃうからね。

これで注入口のボルトを締めて完了。

簡単でしょう。

カプチーノの場合はジャッキアップしなくても、
デフオイルの交換は可能です。

気をつけたいことは、ドレンボルトは結構な力でしまっているので、ねじ山をなめないように。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする