カプチーノ フューエルフィルター(燃料フィルター)交換

カプチーノも8万キロに突入なので、そろそろ燃料フィルターを交換することにしました。
普通の車は大体10万キロに一回交換が推奨されていますが、カプチーノの整備解説書には4万キロに1度は交換してくださいと書かれていました。
2倍走っちゃってます。

cap-c10-01
上の箱に燃料フィルターが入っています。

ディスビのキャップとローターとOリングと一緒に注文しました。

全部で合計6500円くらい。

でも燃料フィルターは2800円でした。

ということで、カプチーノの燃料フィルター交換を行ってみましょう。

cap-c10-02
ピーコック製の燃料フィルター。

燃料フィルターを交換するということは地味な整備ですが、これも結構重要だったりします。

普通ガソリンは、不純物なんか入ってないって思うけど、結構細かいゴミなんかも入っているんです。
で、それをキャブやインジェクターに送るまえに、ろ過してくれてるんです。

つまるとエンジンの吹けが悪くなったりします。体感できるようなら
そうとう重症だけどね。

まあ10万キロで、5000円しない交換パーツだから、そんなにお金がかかるわけでもないから交換をお勧めします。

作業自体はそんなに難しいわけじゃないけど、

火気厳禁

ということだけはきちっと守りましょう!

cap-c10-03
ジャッキアップでの交換となると、結構イヤかもしれないね。

カプチーノの燃料フィルターは、ガソリンタンクの下、デフの付近にあったりします。

これ
cap-c10-04
マフラーの近くで危ないね。

リアメンバーの上にあるのだね。

cap-c10-05
赤丸のところにホースがクランプ止めで2本あります。

青丸のところは、燃料フィルターを固定しているステーのネジ。10mm

これらを外せば、燃料フィルターが引き出せます。
簡単でしょ?

ホースを外すと燃料がどばっと出てくるので要注意。

cap-c10-06
ホースを外したら、こんな感じでプラグでもなんでもいいから栓をして、燃料の流失をとめるのだ!

これが古いフィルター。

cap-c10-07
8万キロもお疲れ様でした♪

どうでしょうか?簡単でしょう?
とにかく火気厳禁

あと、燃料フィルターを外す前に、燃圧を抜くために、燃料キャップを外せとかって
書いてあったりするけど、一応やっておいたほうがいいです。

難しい点は、燃料フィルターのホース2本が固着していて外れないこと。
ホースを回すようにぐりぐりやりながら引っ張ると抜けますが、下手したら傷がついちゃいます。

燃料フィルターのホースは絶対に傷つけないようにね!
あと、交換後は、燃料漏れの確認をしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)