カプチーノ トラストオイルクーラーキット取り付け

エンジンに優しいパーツというと、ラジエターを強化品に交換するとかオイルクーラーをつけるとか。

今回トラストのオイルクーラーキットをカプチーノにつけることにしました。

オイルクーラー取り付け。

トラストのものはもう売っていないのでご参考までに。

まずは当然ですが、エンジンオイルを抜いてオイルエレメントを外しておきます。


アンダーカバーを外して作業開始

まずは説明書をよく読む。説明書を読んで部品をよく見ると、形状が違うホースが一本ありました。
まぁなんとか取り付くだろうと思って作業を進めましたが以外と大変な思いをするはめに。


このキットはエレメント移動式で、油温と油圧のセンサーを取り付けることができるんですがカプチーノには水温計しかついていないのでここはメクラネジを取り付けます。当然シーリングしてから取り付けること。

フィッティングを組み立てます。


説明書が微妙・・。


こんな具合にどんどんと。エレメントはトヨタのでかいものに変更する必要があります。ホームセンターで買いに行きました(笑)

オイル容量が増えるからですね。


フィッティングを組み立て。

オイルエレメントは左のフロントの辺に来て、オイルクーラーはクーラーコンデンサの前にくるらしいです。特に前置きインタークーラーなどつけてないのでそれに従ってホースを取り付けていきます。


おぉ、レーシー。


ホースはなるべく邪魔にならないところに通すのです。

とまぁこんな感じ。

○リングにオイルを塗布してから組み付けること。
ホースは無理に引っ張らないこと。

でも一本ホースの形状が説明書と違っていて苦労した。短い。

取り付けてからオイルを3、5リットルくらい入れて、イグニッションコイルのコードを抜いておいてエンジンがかからない状態でクランキングを数秒します。

オイルクーラーまでオイルを回すのです。

で、散々クランキングしたらコードをつけてエンジンをかけて漏れがないかチェック。

このキットをつけるとアンダーカバーはつかなくなりますが、加工して取り付けてあります。

あとはオイル量をチェック。漏れがないかだけは最後まで確認しましょう。これでガンガン走っても大丈夫な車になりましたね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)